「第56回 雪印メグミルク杯 全日本ジャンプ大会」平成27年1月4日(日)札幌にて開催

@Press / 2014年12月4日 11時0分

第56回 雪印メグミルク杯 全日本ジャンプ大会
雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 吉晴)は、平成27年1月4日(日)、「第56回 雪印メグミルク杯 全日本ジャンプ大会」(主催:公益財団法人札幌スキー連盟、公益財団法人北海道スキー連盟)に協賛いたします。

本大会は、新年最初の全日本クラスのスキージャンプ大会であり、競技シーズンの本格的な幕開けを告げる冬の風物詩として1958年(昭和33年)の第1回以来、長きにわたり親しまれています。また、本大会で好成績を収め、日本を代表する選手として世界に羽ばたいていく選手も多く、「若手ジャンパーの登竜門」として重視されてきた大会でもあります。

会場となる宮の森ジャンプ競技場はノーマルヒルのジャンプ台で、女子組、ジュニア組、少年組、成年組と、幅広いジャンパーが参加します。

今回は、ソチ五輪ジャンプ男子団体で16年ぶりのメダル獲得に貢献した雪印メグミルクスキー部の伊東大貴選手、清水礼留飛選手の銅メダルの展示も行います。メダルを目近にすることで、参加する選手やジュニアジャンパーたちの目標となることを期待します。

雪印メグミルクは、若手ジャンパー育成という意義に賛同し、今年も本大会に協賛します。これからもウィンタースポーツの振興を通じて、社会に貢献してまいります。

【大会概要】
●日時:平成27年1月4日(日)
8:30~ 受付開始
9:00~ 国旗掲揚
9:30~ 試技開始
10:30~ 競技開始

●会場:札幌市宮の森ジャンプ競技場(札幌市中央区宮の森1条18丁目)
●競技内容:女子組、ジュニア組、少年組、成年組
●テレビ放映:平成27年1月4日(日)16:00~16:54(HBC北海道放送)

【若手ジャンパーの育成支援】
第50回記念大会時に新設した特別奨励賞※を、今回も継続します。
※特別奨励賞:初めて大会に出場した若手選手を対象に、思い切りの良いジャンプで今後を期待できる選手に対して表彰します。(対象:ジュニア組、女子組)

【大会告知】
●札幌市営地下鉄全車両への中吊り広告掲載(12月28日~1月3日)
●雪印メグミルクホームページにて大会案内を掲載(12月中旬予定)

【会場内でのアトラクション等】
ホスト選手として雪印メグミルクスキー部の選手が、会場内オーロラビジョンでの新年の挨拶や、競技終了後にはアトラクションへの参加やファンとの交流会を行い、大会を盛り上げます。

●アトラクション
(1)1本目のジャンプ終了後に、大型映像による3択クイズを実施します。海外遠征中の選手を含む全選手が出題します。
(2)閉会式終了後、雪印メグミルクスキー部の選手とのじゃんけん大会を実施します。
●メダル展示
ソチ五輪ジャンプ男子団体の伊東大貴選手、清水礼留飛選手の銅メダル展示を行います。
●ファン交流会  
雪印メグミルクスキー部の選手からポストカードを配布します。
●商品の配布
雪印メグミルクの商品を先着800名様に提供します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

大会ロゴマーク選手と楽しめるアトラクションチケット、交通インフォメーション

@Press

トピックスRSS

ランキング