3Dモデリングデータ作成を効率化 フォトモデリング・シリーズ販売開始 ~撮影を自動化し、人手を介さずデータの作成が可能~

@Press / 2014年12月2日 11時0分

フォトモデリング3D 300
株式会社アポロクリエイト(所在地:東京都品川区、代表取締役:鳴海 千尋)は、フォトモデリング・シリーズの商品ラインアップとして、「フォトモデリング 3D300 / 600 / 800」を日本でも2014年12月2日に販売開始致します。
フォトモデリング・シリーズは、複数台のカメラが搭載可能なアーム型撮影システムであり、その複数台のカメラが同時撮影を行うことで3Dモデリングデータ作成の効率化を実現したものです。撮影する被写体のサイズにあわせて使用するターンテーブル型撮影システムを自由に選択することも可能であり、静止画像の撮影、360度アニメーションの作成に加え、カラフルなテクスチャマップを持つ3Dモデリングデータの作成を実現します。

<フォトモデリング・シリーズ 詳細URL>
[フォトモデリング 3D300]
http://photosimile.jp/products/3dmodel/3d300.php
[フォトモデリング 3D600]
http://photosimile.jp/products/3dmodel/3d600.php
[フォトモデリング 3D800]
http://photosimile.jp/products/3dmodel/3d800.php

<製品画像>
[フォトモデリング 3D600]
http://www.atpress.ne.jp/releases/54415/img_54415_2.jpg


【販売の背景】
「フォトモデリング 3D300 / 600 / 800 」は、360度アニメーション撮影システム「フォトシミリ」が持つマルチアングルの撮影技術を活用し、3Dモデリングデータの出力機能を備えた撮影システムです。例えば、工業製品の設計・開発の初期プロセスにおける試作品の3D検証、図面の再作成が不要な試作品の3D検証への活用。また、フォトシミリ・シリーズの既存機能であった360度アニメーションの中に3Dモデリングを組み込むことで、写真を見ながらの寸法測定も実現しております。
フォトモデリング・シリーズでは、被写体サイズについても幅広く対応できるように設計されております。フォトシミリ・シリーズが広く活用された商品画像撮影の場面だけでなく、3Dモデリングデータ作成の場面での活用も想定し開発された撮影システムです。


【商品の使用用途】
既存の3Dモデリングデータ作成における課題の一つがスキャニングにかかる時間、手間にありました。例として、ハンディスキャナを使用し、PCの処理速度にあわせながら、人手を介してじっくりとデータを取り込む手間が挙げられます。
フォトモデリング・シリーズでは、フォトシミリ・シリーズのターンテーブルとカメラを自動制御する撮影技術に、さらにプロジェクターを制御する機能が備わりました。これによりわずか3ステップで3Dモデリングデータの作成が実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング