今年多くの人が悩み、決断した9つの「コト」ランキング All About「国民の決断2014」アワード発表!1位は「“空き家にさせない”実家対策」 “売るか壊すか、そのままか?”…今年話題になった「空き家問題」と「親の家の片付け問題」という2つの問題が浮き彫りに

@Press / 2014年12月2日 12時0分

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)は、昨年より実施しているアワード企画「国民の決断」において、今年も全9部門のランキングを決定いたしましたので発表いたします。

「国民の決断」アワードは、毎年生活者にとって特徴的だったと思われる“コト”について、「住まい」「マネー」「転職・起業」「妊娠・出産」「老後」「消費・購買」「健康」「進学・就職」「結婚・離婚・再婚」の各部門において、約870名のガイド(専門家)とともに審議を行い、ランキング形式にて発表しているAll About独自のアワード企画です。
人は、生まれてから死ぬまでに多くの「決断」の場面に遭遇します。このアワードでは、多くの人が直面した人生の様々な「決断」を明らかにし、All AboutやAll Aboutガイドが解決の糸口を提供していくことで、より多くの人が後悔のない「決断」ができるよう、支援していきます。

【特設ページ】 http://allabout.co.jp/award/2014_kokumin/


【総合ランキング】
<順位:項目(部門)>
1位:売るか壊すか、そのままか?”空き家にさせない”実家対策(「住まい」部門)
2位:よかれと思って買ったのに…増税前のやりすぎ購入(「マネー」部門)
3位:消費税増税、景気低迷にも負けない!「ママ、もう一度働く」(「転職・起業」部門)
4位:新型出生前診断を受ける決断、受けない決断(「妊娠・出産」部門)
5位:オンラインでも身辺整理(「老後」部門)
6位:アナ雪、妖怪ウォッチ etc.…“やってみた”を見て、買ってみた(「消費・購買」部門)
7位:“健康寿命”を延ばすため、生活習慣を改善する(「健康」部門)
8位:本命狙いのポジティブな就職留年(「進学・就職」部門)
9位:合コンより、アプリで恋活(「結婚・離婚・再婚」部門)


【総合ランキング詳細】
■1位 「“空き家にさせない”実家対策」(「住まい」部門)
総務省が今年7月に発表した「住宅・土地統計調査」によると、2013年の空き家数は全国で820万戸と、5年前に比べて63万戸も増加し、空き家率も過去最高の13.5%となったことが明らかになり、話題となりました。All About「賢いマンション選び」ガイドの大久保 恭子 氏は、「空き家を減らす解決策としては、住人が高齢になって判断力が落ちてしまう前に、例えば子供が就職や結婚などで独立した時点で住まいの見直しを図ってみることが重要です。老後は住み慣れた家に住みたいと考える人も多いでしょうし、夫婦のうちどちらかが亡くなり、一人になってしまった場合のことを考えると、『減築』という選択肢も挙がってきます」とコメントしています。

@Press

トピックスRSS

ランキング