全面リニューアルのKDDIが使いやすいサイト初の1位に輝く! ~トライベックが主要企業Webユーザビリティランキング2014<企業サイト編>を発表~

@Press / 2014年12月4日 11時0分

 トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、「主要企業Webユーザビリティランキング2014<企業サイト編>」を実施し、全15業界・150サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価しました。調査は2014年8月中旬から10月下旬にかけて実施しました。


■オムニチャネル時代を勝ち抜くオウンドメディア戦略
 マーケティング大転換期と言われている今、オウンドメディアは企業とユーザーをつなぐコミュニケーションHUBとして欠かすことのできないメディアになりつつあります。特に昨今のオムニチャネル時代と言われる中では、企業とユーザーのコンタクトポイントは多様化し続けている状況です。こうした中で企業は、リアルなコンタクトポイントはもちろんのこと、オンラインにおいてもあらゆるツールを駆使し、ユーザーとのコンタクトポイントにおいて存在感を示す必要があります。

 そこで欠かすことができないのがオウンドメディアと言えます。オウンドメディアは、企業においてはひとつの公式サイトという位置づけである場合が多いですが、ユーザーにとっては重要な情報源と言えます。「続きはウェブで」「詳しくはこちらをクリック」「○○で検索」といったフレーズが飛び交っている中で、ユーザーが行き着く先はオウンドメディアなのです。オウンドメディアが企業とユーザーのコミュニケーションのHUBとなることによって、はじめてオウンドメディアは真価を発揮するのです。

 そしてこのオウンドメディアの真価を発揮するのに欠かせないのが、今回のテーマであるユーザビリティ(使いやすさ)です。オウンドメディアは企業の単なる公式サイトではありません。企業がユーザーと直接コミュニケーションすることが可能な、オムニチャネル上の重要なチャネルです。コミュニケーションHUBとして、ユーザーと向き合い、ユーザーの欲しい情報やこれまでにない企業の商品・サービスの魅力をストレスなく伝えていくために、ユーザビリティは欠かすことのできない指標と言えるでしょう。


■評価対象
 「総合電機・エレクトロニクス」、「精密機器・電子部品」、「IT・情報通信」、「機械・部品メーカー」、「自動車・自動二輪」、「医薬品」、「化学・繊維」、「鉄鋼・金属・材料」、「銀行」、「証券・その他金融」、「商社・流通」、「食品・飲料・生活用品」、「建設・不動産」、「鉄道・運輸」、「電力・ガス・エネルギー」の15業界、主要企業150サイト。

@Press

トピックスRSS

ランキング