ケアネットとEPファーマライン、eプロモーションとアウトバウンドコールを組み合わせたリモートディテーリングサービスを共同展開

@Press / 2014年12月3日 15時0分

株式会社ケアネット(URL: http://www.carenet.co.jp 、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、コード番号:2150 東証マザーズ)は、医療・医薬に特化したコールセンター事業とCSO(Contract Sales Organization)事業を中心に展開する株式会社EPファーマライン(URL: http://www.eppharmaline.co.jp 、本社:東京都豊島区、代表取締役社長:西塚 淳一、以下「EPファーマライン」)と、eプロモーションとアウトバウンドコールを組み合わせたリモートディテーリングサービス「Medi-Call」を共同で開発し、製薬企業向けに提供をします。


現在、製薬企業を取り巻く環境が大きく変化しています。営業活動の中心でありましたMRと医師の面会機会は、医療機関の訪問規制や接待禁止などの規制強化、医師の多忙化により、大きく減少しています。また主力製品の多くは特許切れをむかえ、売上に大きな影響を与えています。そのため、製薬企業は、コストのかかるMRを抱えることなく、面会以外の方法で医師に情報提供できるサービスを求めるようになりました。

当社は、国内最大級の医師会員を抱え、製薬企業の医薬情報を医師会員にインターネットで配信すると同時に医師の反応を収集しMR活動に結び付けるeプロモーションサービス「MRPlus」を展開しています。EPファーマラインは、専門知識をもったMR経験者が電話を使いディテーリングを行うサービス「MRダイレクト」を展開しております。
今回の「Medi-Call」は、eプロモーションサービス「MRPlus」とアウトバウンドコールサービス「MRダイレクト」の良さを併せ持った、製薬企業向けプロモーション支援サービスです。


【Medi-Callの特徴】
(1) 医師への情報提供機会の創出
インターネットや電話を利用した情報提供を行うことで、医療機関の訪問規制や医師の多忙化に影響されず、医師への情報提供機会を創出します。

(2) 効果的な情報提供方法の選択
専門知識を持ったMR経験者によるアウトバウンドコール、動画やスライドなどのコンテンツ配信など、医師の状況や伝えたい内容などに合わせて、情報提供の方法を選択できます。

(3) 費用対効果に優れたサービスの実現
製薬企業が高コストのMRを抱えることなく、医薬品の処方に繋がる情報提供活動を行えるよう、支援いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング