東京會舘「本舘」がリニューアルのため1月31日クローズ!ファイナルイベント“AU REVOIR TOKYO KAIKAN”開催

@Press / 2014年12月18日 11時30分

シェ・ロッシニ「思い出のクラシカルコース」
大正11年に創業し90余年にわたり日本を代表する国際的な社交場を運営する株式会社 東京會舘(所在地:千代田区、代表取締役社長:藤原 幸弘)は、本舘建替えに伴い、ファイナルイベント“AU REVOIR TOKYO KAIKAN”を開始いたしました。本イベントは、本舘がクローズする2015年1月31日(土)までです。

現本舘は2代目として1971年にリオープンしましたが、このたび三度生まれ変わることになりました。現本舘の営業は2015年1月31日(土)深夜クローズ。新本舘のリオープンは2018年度を予定しています。

イベント詳細: http://www.kaikan.co.jp/special/final/index.html


【ファイナルイベント“AU REVOIR TOKYO KAIKAN”】
■プルニエ「東京會舘伝統メニュー ~感謝をこめて~」
1934年、プルニエオープン当初から提供されていた古典フランスの、手間と時間をじっくりかけた定番料理の数々です。

期間:2015年1月31日(土)まで
   ※12月19日(金)~25日(木)のディナータイムを除く
価格:お1人様 ¥15,000(税込・サービス料別)
   ※ランチタイムのみ、ステーキとシャーベットを外した
    ¥8,600コースもご用意

<メニュー>
フランス ペリゴール産 鴨フォワ・グラのテリーヌ ポートワイン ジュレ添え/プティ・ブイヤベース プルニエ風/伊勢海老のテルミドール または 和牛の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風/お口直しのシャーベット/国産牛フィレ肉の網焼き メトル・ドテルバターと温野菜添え/焼き アイスクリーム ブランデーの香りと共に/コーヒー

■シェ・ロッシニ「思い出のクラシカルコース」
ポークにハムとチーズを挟んでサクサクの衣焼きにした『コルドンブルー風』など東京會舘を代表するなつかしい味わいを集めました。

期間:2015年1月31日(土)まで
   ※12月19日(金)~25日(木)のディナータイムを除く
価格:お1人様 ¥8,600(税込・サービス料別)

<メニュー>
スモークサーモンと茸のマリネの取り合わせ/東京會舘伝統の味 コンソメ/鰆のトランシェ 網焼き または ムニエル/ポークの衣焼き コルドンブルー風/ハートレタスサラダ/洋梨のコンポートとバニラアイスクリーム チョコレートソースと共に/コーヒー

■東苑「東京會舘伝統コース」
東苑自慢の大きな海老のチリソース炒め煮、ふわふわに泡立てた卵白を魚貝と炒めた淡雪炒めなど人気のメニューをコースに仕立てました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング