日経BPコンサルティング調べ「スポーツ・オリンピック意識調査2014」《続報》競技×企業ペア想起調査編 錦織効果は絶大。「テニス」×「ユニクロ」のペア想起が第1位 第2位は、日本代表を応援し続け37年目の「キリン」×「サッカー」のペア ― テニスブームで「ヨネックス」は「テニス」とのペアで第4位 ―

@Press / 2014年12月9日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田雅博)は、2014年10月10日に発表した「スポーツ・オリンピック意識調査2014」の続編として、各スポーツ競技に企業名がどの程度結びついているかを調べた「競技×企業ペア想起調査編」をまとめ、本日(12月9日)発表しました。なお、調査結果を収めたデータ集を、本編のデータ集とセットで発売します。

 本調査は「スポーツ・オリンピック意識調査2014」と同時に行っており、こちらも今回が初調査です。調査期間は2014年9月17日~21日、当社の調査モニターに対し回答を募集し、有効回答数は550人となりました。
 あるスポーツ競技と、そのスポーツ競技から思い浮かぶ企業名の両方を組み合わせた形で、自由記述で最大5ペアまで回答してもらいました。ペアでの記述がなかった回答は集計から除外しました。全想起数は679件、「競技名」と「企業名」との組み合わせ総数は201パターンありました。


【調査結果のポイント】
■ 錦織効果で、「テニス」は「ユニクロ」や「日清食品」のほか、「ジャガー」とのペアで想起された。
■ 「ヨネックス」は、「バドミントン」より「テニス」とのペア想起が上回った。
■ 「サッカー」を長年支援する「キリン」と「コカ・コーラ」が上位にランクイン。


【調査結果】
 表1には、ペア想起ランキングのトップ20を示した。錦織圭選手が出場した全米オープンテニス決勝が、本調査の実施前となる9月9日(日本時間)に行われたため、「テニス」への注目が特に集まっている最中での調査実施となり、その影響を色濃く受けた結果となった。

◆ 錦織効果で、「テニス」は、「ユニクロ」や「日清食品」のほか、「ジャガー」とのペアで想起
 ペア想起第1位は、「テニス」×「ユニクロ」のペア。プロテニス世界ランキング(12月9日現在)1位のノバク・ジョコビッチ選手と、同5位の錦織圭選手が「ユニクロ」のグローバルブランドアンバサダーであり、ウエアを着用することによるPR効果がストレートに表れた結果といえるだろう。特に、全米オープンテニスでは、この2人が準決勝で激突。“ユニクロ対決”として注目を集めた。このほか、第14位には錦織選手が所属契約を結ぶ「日清食品」×「テニス」のペアがランクイン。また、調査初日の9月17日に、錦織選手が高級車ブランド「ジャガー」のブランドアンバサダーに就任したことを受け、「テニス」×「ジャガー」のペアも1件確認された。

@Press

トピックスRSS

ランキング