大和ネクスト銀行調べ “2014年ランキングで見る”シニアライフに関する調査 今年おもしろかったドラマ 女性1位「花子とアン」、男性1位「軍師官兵衛」

@Press / 2014年12月8日 15時0分

今年おもしろかったドラマ
大和証券グループ本社が100%出資する銀行で、「貯蓄から投資へ」の流れを創る独自の証銀連携ビジネスモデルを展開している株式会社大和ネクスト銀行(http://www.bank-daiwa.co.jp/)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 草場 真也)は、シニア予備軍とシニアの“シニアライフに対する意識や実態”を探るため、2014年10月20日~21日の2日間、全国の50~79歳の男女を対象に、“2014年ランキングで見る”シニアライフに関する調査をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


■ シニアライフに対する意識とシニアライフの準備・実態 ■
◆シニア(60代・70代)の生活実感は「ハッピーライフ」7割半/「ミゼラブルライフ」2割半
でもシニア予備軍(50代)がイメージするシニア生活は「ハッピーライフ」5割半/「ミゼラブルライフ」4割半
◆明るい老後をイメージしているのは、男性より女性

全国のシニア予備軍(50~59歳)とシニア(60~79歳)の男女1,000名(全回答者)に、シニアライフの予想と実感を聞きました。
まず、シニア予備軍(336名)に対し、どんなシニアライフ(60歳以降の生活)が訪れることを予想しているかを、“ハッピー(幸せ、幸福)ライフ”と“ミゼラブル(不幸、惨め)ライフ”のどちらに近い生活になると思うかで聞いたところ、『ハッピーライフ』(「ハッピーライフに近い」と「どちらかといえばハッピーライフに近い」の合計)54.1%、『ミゼラブルライフ』(「ミゼラブルライフに近い」と「どちらかといえばミゼラブルライフに近い」の合計)45.9%となりました。
男女別にみると、男性では『ハッピーライフ』46.4%、『ミゼラブルライフ』53.5%とミゼラブルライフ予想者の方が多くなりましたが、女性では『ハッピーライフ』61.9%、『ミゼラブルライフ』38.1%とハッピーライフ予想者の方が多くなりました。明るい老後をイメージしているのは、男性より女性のようです。
次に、シニア(664名)に対し、現在送っているシニアライフの実感として、“ハッピーライフ”と“ミゼラブルライフ”のどちらに近い生活だと思うかで聞いたところ、『ハッピーライフ』が76.9%、『ミゼラブルライフ』が23.2%となりました。シニア予備軍の予想を上回り、老後を幸せに過ごしているシニアが多いようです。

@Press

トピックスRSS

ランキング