『超立体マスク』使用者の88.9%が志望校に合格 「受験生(※)の体調管理」に関する意識調査 2014年11月実施

@Press / 2014年12月11日 11時0分

受験生のイメージ
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業として、さまざまな世代に向けた商品やサービスをお届けしています。この度、これからの受験シーズンに向けて、大学受験を経験した受験生本人及びその家族を対象に「受験生の体調管理」に関する意識調査を実施しました。今回、その調査結果の一部をご紹介いたします。

※ 2011年度~2013年度の3年間の間に、大学受験を経験した受験生本人及びその家族へ調査

<受験生のイメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/54683/img_54683_1.jpg


《意識調査のまとめ》
◆受験生の65.0%が、受験本番までの体調管理としてマスクを着用
◆受験当時、マスクを着用していた人のうち74.6%が志望校に合格、さらに『超立体マスク』使用者においては88.9%が志望校に合格
◆受験関連グッズを購入する受験生は、全体の74.5%


■意識調査の背景
1月のセンター試験を皮切りに本格的に受験シーズンへ突入し、大学受験を目前に控えるご本人とその家族にとって、とても大切な時期を迎えます。しかしながら、冬の季節は気温の低下や外気の乾燥などから風邪をひきやすく、体調管理が難しい時期ともいえ、受験当日を万全の態勢で迎える為にも、受験生やその家族は例年以上に体調管理に気を遣う傾向にあります。
そこでこの度、当社では過去3年間で大学受験を経験した受験生本人及びその家族を対象に、「受験生の体調管理」に関する意識調査を実施しました。今回、その調査結果の一部をご紹介いたします。


■調査概要
調査対象:2011年度~2013年度の3年間で、大学受験を経験した
     受験生本人及びその家族
回答者数:103名
調査期間:2014年11月
調査方法:WEB上のアンケート調査


■調査結果
(1) 受験当時、体調管理のために受験生本人が実施していた事は何ですか?
http://www.atpress.ne.jp/releases/54683/img_54683_2.jpg

受験当時、「マスクを着用していなかった人」「マスクを着用していた人」「『超立体マスク』を着用していた人」の志望校への合格率は以下のとおりです。
http://www.atpress.ne.jp/releases/54683/img_54683_5.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング