可動式蓄電池「キャリ電BOXライト」の販売を12月2日に開始 ~手軽に繋げて手軽に使える蓄電池~

@Press / 2014年12月5日 14時0分

「キャリ電BOXライト」
 ワンゲイン株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役:梅 千得、以下 ワンゲイン)は、運営するショッピングサイトにて、手軽に繋げて手軽に使える可動式蓄電池「キャリ電BOXライト」を2014年12月2日(火)に、販売開始いたしました。

可動式蓄電池「キャリ電BOXライト」
http://shop.onegain.co.jp/shopbrand/ct316/


■可動式蓄電池「キャリ電BOXライト」について
 「キャリ電BOXライト」は11月に販売した「キャリ電BOX」の廉価版として、疑似正弦波インバーターを搭載し、よりリーズナブルな価格の商品です。インバーター、バッテリー、充電器などがボックスにすべて収まるコンパクト設計。簡単な組み立てと接続で、すぐに電気が使えます。
 疑似正弦波インバーターにはUSBポートが搭載されており、スマートフォンやタブレットの充電器がそのままご使用いただけます。また、シガープラグ付ケーブル付属のため、お車のシガーソケットからインバーター単体をご使用いただくことも可能です。アウトドアでの使用、非常時の備えとしてはもちろんのこと、自分で接続することで、電気の仕組みを学ぶ教材としてもご活用いただけます。本製品は実用新案登録済商品です。(登録第3193008号)

<特長>
1.持ち運びしやすい
 取っ手のついたボックス一つにすべての機器が収まるため、簡単に持ち運びができます。市販のキャリーを用いれば、より簡単に持ち運びが可能です。

2.安全安心な接続コネクタ―を使用
 バッテリーとインバーター、充電器、ソーラーチャージコントローラー間は簡単に接続ができ、感電や逆接続の心配がない接続コネクタ―を使用しています。

3.用途に応じて2つのラインナップをご用意
 必要最低限の電力を確保する「キャリ電BOXライト」、別売のソーラーパネルを接続することで太陽光からの充電も可能な「キャリ電BOXライト-S」の2つのラインナップをご用意しました。

4.スマートフォン充電(6W)なら40時間、照明器具(20W)なら12時間使用可能
 バッテリーの残量は、ボックス上部のインジケーターでいつでも確認可能です。

5.カスタマイズ対応が可能
 お客様の用途に応じてインバーターや充電器、バッテリーはスペックの異なる搭載品に変更可能です。

<製品仕様>
【キャリ電BOXライト】
価格        :61,800円(税込)
サイズ       :約265(D)×411(W)×300(H)mm
重量        :約14.1Kg
インバーター出力電力:450W疑似正弦波

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング