<導入実績紹介>NTTドコモ「docomo Wi-Fi」サービス~EAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」が支える安定稼働~

@Press / 2014年12月9日 10時0分

株式会社XACK(読み:ザック、所在地:東京都千代田区、代表取締役:北川 晴隆)が提供するEAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」は、株式会社NTTドコモ(以下 NTTドコモ)が提供する公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のRADIUSサーバーに採用され、システム運用開始以降、安定して稼働しております。

NTTドコモは、2013年10月より同社公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」で、EAP-SIM・EAP-AKA認証(以下 SIM認証)を開始されています。

SIM認証の導入前は、docomo Wi-Fiで無線LANを利用するには、スマートフォンにIDとパスワードを事前に設定しておく必要がありましたが、SIM認証対応のスマートフォンでは、事前設定の必要なくWi-FiをONにするだけで利用できるようになりました。

また、EAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」は、機能拡張性の容易さなども評価いただいております。

XACKは、今後も通信事業者のハイレベルなご要望に応え、通信事業を共に支えていくことのできる、高性能かつ高付加価値なソフトウェア製品を提供して参ります。


≪docomo Wi-Fiについて≫
NTTドコモが提供する、全国121,200エリア、150,700アクセスポイント(2014年12月時点)で利用することができる、国内最大規模の公衆無線LANサービスです。


■EAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」の特長
(1) オンメモリDBによる高速処理を実現
XACK RADIUSはオンメモリデータベースで処理することにより、外部RDBを使用する構成と比べて高速な認証処理が可能となります。

(2) 大規模システムを最小限のサーバーで構築可能
サーバー単体で1,000万ユーザー規模に対応可能なため、サーバー台数の増大で大規模になりがちなEAP-SIM・EAP-AKA対応のRADIUSシステムを最小限のサーバー台数で構築することができます。

(3) 高いセキュリティ
Wi-Fi接続の都度、サーバー・クライアント間で相互にキーを交換するため、総当たり攻撃や盗聴に強く、高いセキュリティを誇ります。

(4) 容易なカスタマイズ
Home Location Registerとのインタフェースは、DSOメカニズムにより、容易にカスタマイズが可能です。また、EAP-SIM・EAP-AKA認証に加えて、加入者情報システムとの連携によりユーザーの属性に応じてアクセスの許可/拒否を行う一般的な認証処理との組み合わせも実現可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング