ユーザーの好みを学習して選曲するラジオアプリ『Lumit』2015年1月末の提供に向けティザーサイトを12月11日公開

@Press / 2014年12月11日 9時30分

『Lumit』ロゴ
音楽活動支援サービス「Frekul(フリクル)」を運営する株式会社ワールドスケープ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:海保 堅太朗)は、ユーザーの好みを学習して自動的に選曲を行うパーソナライズド・ラジオ『Lumit(ルミット)』を開発中であることを発表し、事前登録者を募るティザーサイトを2014年12月11日に公開しました。

<ティザーサイト>
http://teaser.lumit.me/


■『Lumit』とは?
WEB、iOS、Androidの3プラットフォームで2015年1月末公開予定のパーソナライズド・ラジオです。キャッチコピーは“わたしの好みを学習して、未知の音楽を聴かせてくれるアプリ”。『Lumit』を起動して「今の気分」を選択すると、その気分に合致した楽曲が自動的に選曲され再生されます。
流れてきた曲に対して「Like」「Dislike」のボタンを押すと、『Lumit』はユーザーの好みを学習し、独自のアルゴリズムに基いて選曲を最適化していきます。
また、『Lumit』で再生されるアーティストのほとんどは曲の無料ダウンロードを提供しており、気に入ったアーティストがいた場合はダウンロードも可能です。
利用料は基本無料で、広告なしの有料コース「Pro Plan」は月額350円(税込)です。


■ティザーサイトについて
2014年12月11日に公開された、『Lumit』のメッセージをお伝えする事前登録サイトです。メールアドレスを入力して事前登録された方には、『Lumit』の「Pro Plan」を3ヶ月分無料プレゼントさせて頂きます。


■当社代表・海保けんたろーコメント
「CDランキングの上位がアイドルばかり」というような話題を耳にします。
見た目ではなく、純粋に音楽を売りにしているアーティスト達はもういなくなってしまったのでしょうか?
そうではありません。彼らは今も日々、素晴らしい音楽を生み出し続けています。
しかしCDが売れない時代が訪れ、彼らがマスメディアに登場するチャンスは減りました。
そのため、音楽に対して受動的なほとんどの人々は、彼らの曲を耳にする機会を失ったのです。
「テンションの上がるBGMが欲しい」「友人が家に遊びに来るのでさりげない音楽をかけたい」「寝る前にゆったりとした音楽が聴きたい」そんな時に『Lumit』を立ち上げてみてください。
素敵な音楽との出会いが、きっとあるはずです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング