アプレッソとアシスト、BPM/BRMS分野で協業〜 企業の経営戦略に基づいた業務効率化とデータ連携を含むITシステム基盤構築を高速に実現し、変更にも柔軟に対応 〜

@Press / 2014年12月8日 11時30分

 株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小野 和俊、略記:アプレッソ)と株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、BPM(*)およびBRMS(**)分野で協業し、アプレッソが開発・販売するBPM製品「DataSpider BPM」と、アシストが取り扱うBRMS製品「Progress Corticon」(開発元:米国Progress Software Corporation)を組み合わせたスピード経営実現のための構築基盤を推進していくことを発表します。
 *BPM:ビジネスプロセス管理 **BRMS:ビジネスルール管理システム

 消費税率改正をはじめとする法対応や、多様化する顧客ニーズ、競争力のある商品/サービス開発など、企業を取り巻くビジネス環境の変化への迅速な対応はこれまで以上に求められています。スピード経営を実するためには、経営戦略に基づく取り組みや対応するシステム、既存業務の改善や刷新、新しいテクノロジーへの対応など、経営戦略と業務、そしてそれを支えるIT基盤が密接に連動し柔軟に変更可能でなければなりません。

 この解決策の1つとして注目されているのが、業務全体の流れをモデル化し、管理・改善を実践するためのBPM製品と、与信や保険加入審査が必要な金融業界、料金プラン変更が多い通信業界など、ビジネスルールが頻繁に追加、変更になる場合に大きな効果を発揮するBRMS製品の融合です。

 アプレッソが開発・販売するBPM製品「DataSpider BPM」は、社内の煩雑かつ様々なビジネスプロセスを適切な承認フローに基づきコーディングレスで容易に自動化し、業務全体の効率を大幅に向上させます。また、アシストが取り扱う「Progress Corticon」は、100%コーディングレスでビジネスルールの追加・変更を迅速にシステムに展開できるだけでなく、Progress Software Corporationが米国にて特許取得済みの独自アルゴリズムにより、ルール数やデータ処理の複雑さが増しても高パフォーマンスを実現します。

 アプレッソとアシストは、「DataSpider BPM」と「Progress Corticon」の組み合わせが顧客企業の競争力に大きく貢献できると考え、今回、両製品を組み合わせたスピード経営を実現するための構築基盤を共同で推進していくことになりました。これにより、企業内の業務プロセスの簡素化と自動化を内製にて対応でき、変更時の対応までが高速かつ柔軟に実現できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング