HRプロ、「2016年度新卒採用の意識調査」を実施 2016年度新卒採用スケジュール繰り下げと逆行して早期化する活動開始 インターン実施済み学生は今年71%と昨年度12月調査(45%)より26%増加

@Press / 2014年12月11日 10時0分

(1) 図1
HRプロ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:寺澤 康介)は、2014年11月14日~27日に、上場及び未上場企業の新卒採用担当者及び、2016年度卒業予定の大学生・大学院生を対象に「2016年度新卒採用の意識調査」を企画・実施いたしました。なお、企業調査は当社が運営する人事ポータルサイト「HRプロ」にて実施、学生調査は楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)が運営する口コミ就職情報サイト「みんなの就職活動日記」の協力の下に実施をしております。


■調査結果概要
今回の調査結果では、経団連が示した就活開始時期の繰り下げに対し、86%の就活学生、81%の企業が「不安」であると回答。「不安」の理由を「採用時期の変更」と挙げる企業は75%、就活学生は61%を占めています。

この状況下において、1社以上のインターンシップに参加済みの学生は71%(昨年度12月調査45%)、学内就職ガイダンス参加済みの学生は69%(昨年度12月調査65%)など、スケジュールの繰り下げに逆行して、昨年度より早めに活動を開始していることが分かりました。さらに、前回の調査で採用広報解禁よりも前の12月1日に採用ホームページを開設するなどの結果を踏まえると、就職活動時期の繰り下げは実質“就活の長期化”へと繋がっていることが伺えます。

また、42%の企業が採用方針を変更、46%が従来の大手就職ナビだけでは不安だと回答。2016年度採用方針としては、「学内セミナー」「リクルーター制」「逆求人型サイト」など企業から特定の学生に対してアプローチする“ターゲッティング採用”の需要が高まっている結果となりました。年々利用者が増えている「逆求人型サイト」に関しては、学生の約半数の人が登録しているもしくは登録予定と回答し、知らない学生のうち76%が登録したいと回答するなど、注目度が高い結果に至りました。


■調査結果のポイント
(1) 企業も学生も8割強が新スケジュールに「不安」の声
企業の81%、学生の86%が「不安」と回答

(2) 97%の学生は就活をもう始めていると回答。インターンシップに積極参加する「学生」。
インターンシップを始めている学生は71%、さらに4社以上行っている学生は16%。半数近い企業が年内に採用サイトを開設予定であると知っている学生は53%

(3) 42%の企業が採用方針を変更、“ターゲッティング採用”の需要が高まる
採用方針を見直す企業が増える中、大手就活ナビだけでは「不安」と回答する企業は46%。今年の採用方針は企業からのターゲティングアプローチの強化が中心

@Press

トピックスRSS

ランキング