小規模クリニック向けの廉価版 健康診断支援システム「健診システム Light」リリース ~ 戦略的提携により従来製品価格の80%カットでご提供 ~

@Press / 2014年12月16日 10時30分

健診システム Light
株式会社システム・ビット(本社:東京都豊島区、代表取締役:永森 信一、以下 BIT)とインターソフトウェア株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役社長:笹原 茂、以下 i-Soft)は、小規模クリニック向けに、廉価版法定健康診断および特定健康診断支援システム「健診システム Light」を発売いたしました。


これまで多くのクリニックや開業医の皆さまから、健診システムのお問合せをいただいておりますが、本格的な健診システムはカスタマイズなしに300万円以上かかっており、実施件数が少ない健診実施機関のお客様へのニーズにお応えすることができませんでした。

「健診システム Light」は、そんなお客様の要望に応えた製品です。複雑な業務や例外的な業務の対応を避け、健康診断業務に必要な機能を凝縮し、誰にでも使いやすいコンパクトなシステムにしました。実績ある総合健診システムのソフトウェア部品を厳選してパッケージ化することにより、徹底したコストダウンを実現し、基本パッケージで48万円(税別)という低価格(※)で提供します。

※ 当社製品比較で、従来製品価格の5分の1以下


【健診システム Light 概要】
基本料金   : 48万円(税別)
サービス開始日: 2014年12月1日
パッケージ内容: 受付・結果入力・自動判定・各種帳票 等
動作環境   : Windows 7 / 8 / 8.1(日本語版)
ソフト    : Microsft Excel 2007 / 2010 / 2013
その他    : CD / DVD(書込み用)、リモートメンテナンス用通信回線
URL      : http://www.systembit.co.jp/products_guide/kenshin/kensin_info.html

※オプションやサポートサービスの追加も可能です。


BITは、医療機関向け健康診断システムおよび一般法人向け社員健康情報システムで24年 約200機関への導入実績を持つi-Softの全株式を取得し、i-Softを完全子会社化して、戦略的提携を発展させていきます。

今回発売の「健診システム Light」は、この2社の戦略的提携の最初の成果として、i-Softの持つ健康診断業務の知見とソフトウェア資産をベースに、36年のシステム開発の実績を持つ「技術のBIT」が開発したものです。

「健診システム Light」は2014年12月より医療機関向けショールーム「メディプラザ」に出展しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング