NAS/ファイルサーバー対応の操作ログ収集ツール『バーチャルコンテンツウォッチャー』12月22日新発売!

@Press / 2014年12月12日 10時0分

バーチャルコンテンツウォッチャー コンソール
株式会社インテリジェントワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:神山 邦彦)は、仮想環境でNAS、Mac、Windowsファイルサーバー対応の操作ログ収集を簡単に行うことのできる「バーチャルコンテンツウォッチャー」を12月22日に販売開始いたします。

URL: http://intelligentworks.co.jp/cwatcher/


■「バーチャルコンテンツウォッチャー」について
「バーチャルコンテンツウォッチャー」の最大の特徴は、ソフトウェアのみの仮想環境で起動してサーバーやNASを監視する事ができ、小規模から中規模の内部統制ツールとして使いやすい点です。

【バーチャルコンテンツウォッチャーの新機能】
1) 仮想環境への対応
ソフトウェアのみの仮想環境で起動できるため、ハードウェアの制限なくファイルサーバー・NASサーバー(Windows Storage Server)を監視可能で、ハブのミラーポートを用意する必要がありません。(ネットワーク環境によってはミラーポートを必要とする場合もあります)

2) SMB 2.1への対応
Windows Server 2012/Mac OS X 10.9 以降でのSMB2.1プロトコルに対応してログを取得できます。(Windows 8 のSMB 3.xはアップデート予定)


■発売記念キャンペーン実施!
発売を記念して、2015年3月末まで、通常定価 250,000円(税抜)のところを180,000円(税抜)でご提供します。


■販売対象
日本版SOX法対応予定の全国の上場企業、プライバシーマーク取得予定企業、ISO27001取得予定企業、NASやMac/Windowsを混在環境で利用しているあらゆる企業


■販売価格(税抜)
・バーチャルコンテンツウォッチャー(AFP/SMB (CIFS)プロトコル対応)
定価:250,000円(税抜)
※2015年3月まで180,000円(税抜)でご提供。

・年間サポート バーチャルコンテンツウォッチャー(電話、メールサポート ソフトウェアアップグレード無償)
定価:38,000円

構成、詳細、販売については株式会社インテリジェントワークス ホームページにてお問い合わせ下さい。
http://intelligentworks.co.jp/support/


■商品仕様
製品名総称: バーチャルコンテンツウォッチャー
販売開始日: 2014年12月22日
販売元  : 株式会社インテリジェントワークス
製品URL  : http://intelligentworks.co.jp/cwatcher/


【会社概要】
会社名 : 株式会社インテリジェントワークス
所在地 : 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15F
代表者 : 代表取締役 神山 邦彦
設立  : 2003年6月
資本金 : 4,000万円
事業内容: コンピュータソフトウェアの販売(国内正規販売元)
      ソフトウェア関連の開発・販売
      コンピュータシステム関連のサポートサービス
URL   : http://www.intelligentworks.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

仮想環境での起動

@Press

トピックスRSS

ランキング