“Xmasシーズンに短期就業や副業で一緒に働けたら夢みたい!”男性1位「向井理さん」

@Press / 2014年12月11日 14時0分

Xmas、一緒に働きたいのは
株式会社フルキャストホールディングス(http://www.fullcastholdings.co.jp/)(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:坂巻一樹)は、「イマドキ女性のワークスタイルとお金のやりくりに関する調査」を2014年11月24日~11月25日の2日間において20歳~49歳の女性にモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、1,000名の有効サンプルを集計いたしました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)


≪仕事に関する意識≫
◆“育児の時間を大切にしながら働きたい”8割半
◆“パートナーとの時間を大切にしながら働きたい”8割半
◆時短はワークスタイルの新潮流へ? “時短勤務で働きたい”7割半、専業主婦では9割弱に!
◆副業人口拡大へ? “収入の足しに副業で稼ぎたい”9割弱
◆“女性の活躍促進には、就業スタイルを柔軟に選べることが重要だ” 9割半が賛同

まず、20歳~49歳の女性1,000名(全回答者)の、仕事に対する意識や考え方を探りました。
ワーク・ライフ・バランスの意識について、≪育児の時間を大切にしながら働きたい≫の同意率(「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計、以下同様)は85.8%、≪パートナーとの時間を大切にしながら働きたい≫の同意率は86.3%で、ともに8割半となり、ワーク・ライフ・バランスを大切にしたいと考えている女性は多いことがわかりました。

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けたひとつの在り方として、短期就業や副業で収入を得るという選択肢がありますが、それらに関する意識についても質問しました。
同意率は、≪時短勤務で働きたい≫では7割半(76.5%)、≪都合の良い時に限定して働きたい≫では8割強(82.9%)、≪急に空いた時間を活用して、小遣い稼ぎをしたい≫では9割(89.2%)、≪収入の足しにするため、副業で稼ぎたい≫では9割弱(86.7%)で、いずれも4人に3人以上の割合となりました。
専業主婦は、≪時短勤務で働きたい≫の同意率が9割弱(88.0%)、≪都合の良い時に限定して働きたい≫の同意率が9割強(92.3%)に達しました。専業主婦の多くは、自分の都合に合うタイミングに短時間で働ける仕事を求めているようです。

時短勤務や、自身の都合に合わせて働くことを望む女性が多いことがわかりましたが、それらが実現すれば、女性の活躍は促進されると考えられているのでしょうか。女性の活躍促進に関する意見について、≪女性の活躍促進には、就業スタイルを柔軟に選べることが重要だ≫の同意率は9割半(95.8%)となりました。また、≪女性の活躍促進には、時短勤務の機会が豊富であることが重要だ≫の同意率は9割(90.4%)でした。

@Press

トピックスRSS

ランキング