インメモリ・コンピューティングで社内の情報活用をシンプルに最適化。アシスト、インメモリ情報活用プラットフォーム「HAYATE」を販売開始。~ Oracle Database In-Memory、QlikView、WebFOCUS EVOの組み合わせでユーザのリアルタイムな情報活用を強力に支援 ~

@Press / 2014年12月11日 14時0分

HAYATEがもたらすビジネス変革
 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、取扱製品である「Oracle Database In-Memory」(開発元:Oracle Corporation)と連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテック・ジャパン株式会社)、そしてオペレーショナルBIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:Information Builders, Inc.)をベースエンジンとし定型から自由検索までを実現する「WebFOCUS EVO」を組み合わせたインメモリ情報活用プラットフォーム「HAYATE」(はやて)の提供を開始します。

 従来の「情報活用基盤システム」は、業務処理用の基幹データベースとモニタリング・検索用途のDWHシステム、そして分析・探索用のデータマートで構成され、基幹データベースの情報をそれぞれのシステムに同期させ、処理しているためデータの鮮度が低下するという課題がありました。こうしたシステム構成では、基幹データベースに存在する「今」のトランザクション・データを活用した意思決定や、センサーデータなどのM2M(Machine to Machine)のリアルタイム分析を実現するのは困難でした。

 今回、販売を開始する「HAYATE」は、「Oracle Database In-Memory」オプションにより劇的に処理の高速化を実現した「Oracle Database 12c Enterprise Edition」(*)(開発元:米国Oracle Corporation)、「QlikView」、「WebFOCUS EVO」を組み合わせたもので、インメモリ・コンピューティング技術によって、情報処理の高速化とリアルタイムな情報活用・分析を強力に支援します。従来システムでは、約3時間かかっていたDWH内にある10億件の販売履歴の分析処理が、「HAYATE」を導入することでおよそ1,600分の1のスピードで完了する(**)など、圧倒的な高速性を実現します。

 アシストはこのHAYATEを2015年末までに10台を目標として積極的に販売する予定です。

 また、来る2015年1月30日(金)には、このHAYATEの関連セミナーとして、「Oracle Database In-Memoryがビジネスを変革する!~超高速分析がもたらす未来とは~」を開催し、インメモリ・テクノロジーの情報活用基盤の可能性について紹介します。

@Press

トピックスRSS

ランキング