ニスコム、BMCと販売パートナー契約締結

@Press / 2014年12月17日 10時0分

ニスコム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾上 卓太郎、以下 ニスコム)は、BMC Software, Inc.(本社:米国テキサス州ヒューストン、社長兼CEO:Robert E. Beauchamp)の日本法人であるBMCソフトウェア株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:マイク・アルフォード、以下 BMC)と、販売パートナー契約を締結し、ITシステム運用における自動化ソリューションを中心としたサービス提供を開始しました。

ニスコム株式会社
http://www.niscom.co.jp/
BMCソフトウェア株式会社
http://www.bmc.com/ja-JP/


近年、企業のITインフラ整備においては、スピードと柔軟性を意識した仮想化技術やクラウドの導入が広がりを見せておりますが、これら技術の浸透によって、ITシステム環境はより複雑さを増してきています。
一方、システム運用の現場では品質の維持だけでなく、運用の効率化、コスト削減が常に求められており、複雑化したITシステム環境において、これまで同様の人手で運用管理することは難しくなってきています。

ニスコムは、データセンター事業者や大規模な社内インフラを利用する企業に対し、ITシステム運用を強みとしたアウトソーシング事業を行う中で、NQIS(Niscom Quality Improvement Suite)といった運用品質向上ソリューションなど、システム運用の効率化について取り組んで参りました。
また、BMCが展開するITシステムの自動化を始めとした多種多様なITサービスマネジメント(ITSM)製品は、ITシステムの効率化や改善において、世界でも数多くの実績を持ち、極めて高い評価を得ています。


今後は、ニスコムがこれまで培ってきた人的な運用管理に加え、BMCのサーバーオートメーション群を活用することで、近年求められる、より高効率なITシステム運用を実現します。
また、長年の技術力を元に、これら自動化ツールの他、DCIMツール、クラウドサービス、リモート管理など、様々なツールやサービスを組み合わせ、お客様の現況に沿った、最適なデータセンター運用を実現するハイブリッドな「次世代運用ソリューション」を提供致します。


今回の取組みについて、ニスコムの代表取締役 尾上 卓太郎は、「大規模なシステム運用の専門サービスを提供する当社にとって、どのようにしてお客様にシステム運用の品質とスピードと価格のバランスがとれたサービスを提供するかは、非常に重要な課題です。BMCの製品は、その先進性、品質において高い評価をされており、本取り組みを通じて、お客様の運用業務に大きなメリットをもたらしたいと考えております」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング