<自転車の改正道路交通法施行から1年たった現状についての意識調査>自転車の改正道路交通法施行から1年、“危険”な6割の「わかったつもり主婦」!「わかったつもり」でも、きちんと理解できているのはたった1%!!主婦のルール・マナーに対する意識はおおむね向上傾向!

@Press / 2014年12月17日 11時0分

グラフ 1
2013年12月に改正道路交通法が施行され、これまで以上に自転車のルールが厳格になり、自転車を利用する人のルール・マナーへの意識がより重要だとされてきました。自転車事故は後を絶たず、さらなる自転車利用者のルール・マナーの徹底が重要となっております。
そこで、今年1月に発足しました「自転車の安全利用促進委員会」は、自転車を週に1回以上運転する主婦を対象に「自転車の改正道路交通法施行から1年たった現状についての意識調査」を実施し、516名の回答を集計しました。


■調査トピックス
(1) 約6割の主婦が自転車についての道路交通法の改正を認知!
  一方で全く知らない主婦が15.5%!

(2) 自転車の改正道路交通法施行から1年、
  “危険”な6割の「わかったつもり主婦」!
  「わかったつもり」でも、きちんと理解できているのはたった1%!!

(3) 理解の低さがマナー悪化につながる?
  8割以上が世間の自転車運転マナーにネガティブなイメージ!

(4) 主婦の6割が他人の携帯電話のながら運転に危機感!
  自身の、「歩道走行」(57.8%)「逆走」(40.9%)は気にせず!

(5) 運転マナーに対する意識は向上傾向!
  6割以上がこの1年でマナーを意識するようになったと回答!


今回の調査結果を受け、NPO法人自転車活用推進研究会理事の疋田 智さんは次のように述べています。

■疋田 智さんのコメント
今回のアンケートで分かるのは、改正道交法施行後1年経った今「あらためて(アンケートのような形で)問われるならば」自転車ルールは答えられる。すなわち「まがりなりにもある程度は(あくまである程度は)浸透した」ということではないでしょうか。少なくとも半数以上は「車道を逆走してはいけない」「携帯を見ながらもダメ」などのことは知っています。ところが、路上で見るママチャリ(をはじめとする自転車)の挙動は、まったくそれの正反対です。信号も守らない、左右デタラメに走るのも当たり前、夜間も無灯火、携帯だって手にしています。誰もが路上で見かけるとおりです。
これはひとえに「堅いコト言わないで、しょせん自転車でしょ」「危ない自転車も見るけど、私だけは大丈夫」とみんなが思い、その結果、みんなで渡れば恐くない、という状況に陥っているということではないでしょうか。
自転車と正しくつきあうためには、ルールの理解もさることながら、まず「自転車は車両なんだ」という意識を持つこと。自転車は、歩行者とぶつかれば歩行者を傷つけますし、最悪の場合、死亡事故に発展することもあります。
「ま、自転車だから、いいでしょ」ではなく「自転車だからこそ守るべきものは守らなくては」という意識を持って欲しいものだと思います。

@Press

トピックスRSS

ランキング