平成26年度 新生!ふくしまの恵み発信事業 第2回メディアツアーを実施 「福島牛」その安全・安心と品質向上に向けた取り組みや、繁殖・肥育農家の生産現場を巡る 平成26年12月2日(火)、報道関係者が黒毛和牛生産地を訪問

@Press / 2014年12月17日 11時0分

風評の影響を訴える肥育生産者の元に集まる報道関係者
福島県は、平成26年度 新生!ふくしまの恵み発信事業の一環として、県と畜産関係者が一丸となって、ブランド回復に取り組んでいる「福島牛」の産地を巡るメディアツアーを12月2日(火)に実施いたしました。

このツアーでは、県内で実施している肉用牛における放射性物質の「全頭検査」について視察後、「福島牛」の焼肉ランチをおとりいただき、福島牛の販売現場、そして黒毛和牛の母牛を飼育し子牛を生産する「和牛繁殖農家」と、それを肉牛として出荷できる状態まで育てる「肥育農家」を視察していただきました。

「福島牛」は県を代表する黒毛和牛のブランドです。震災前は素牛(子牛)、肉牛とも市場において高い評価を得てきました。素牛については、今も県内の家畜市場では全国平均価格を上回る値で取り引きされていますが、肉牛(枝肉)については原発事故による風評の影響で1割から2割安い価格で取り引きされています。その影響は、肥育農家を経済的に苦しめるばかりか、繁殖農家にも波及し悪循環を生むことが大きく懸念されており、平成22年に155億円あった肉用牛の県内産出額は、平成24年には83億円にまで減退しています。

震災直後の平成23年7月19日に国から県内全域の牛に対する出荷制限の指示が出されましたが、福島県は、と畜後の放射性物質の「全頭検査」体制をいち早く確立させ、飼料の安全性を確保する体制も整ったことから、同年8月25日には出荷制限が一部解除され、現在に至っています。以来、放射性物質の基準値を超えるものは一頭たりとも流通されていません。

こうした安全対策の取組内容を始め、震災前と変わらぬ良質な牛肉を出荷するために、レベルの高い子牛を育てることで「福島牛」ブランドの向上にかける繁殖農家と、風評に苦しみながらも最高の黒毛和牛の生産にこだわる肥育農家を訪問し、ぜひ、生産者の生の声に耳を傾けていただきたいと思い、今回のメディアツアーを企画いたしました。

なお、福島県では、今回のメディアツアーに先立ち、平成26年11月17日(月)に第2回メディアセミナー「『福島牛』その安全・安心と品質向上に向けた取り組み―繁殖・肥育農家の生産現場から―」を都内で開催しました。今回、12月2日に行われたメディアツアーにはこのメディアセミナーに参加した方々も含め、東京や福島から新聞・雑誌記者、フリージャーナリスト、さらにテレビ局の報道関係者など30名を超えるメディア関係者が参加され、セミナー会場で見聞きした内容を現地で確認できる機会となりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング