自社システムからダイレクトにNTT Comサービスの申し込みや運用保守が可能になる「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ」の提供を開始

@Press / 2014年12月17日 11時0分

サービス概念図
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、NTT Comの対応サービス(*1)のお申し込みから運用保守に至るまでのビジネスプロセス(*2)に関する情報の閲覧・操作やサービスの設定変更などを、利用企業の自社システムからダイレクトにコントロール可能とする「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ」を2014年12月18日より提供開始します。
 NTT Comは、国内主要通信会社として初めて、複数のサービスをまとめ、APIの仕様を揃えて提供します。また、申し込み状況などビジネスプロセスのAPI(*3)を提供するのも、国内主要通信会社として初めてです。
 「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ」は、NTT Comのサービスをご利用いただいている企業のお客さまのほか、当社サービスを利用したソリューションの開発・利用・提供販売を行っているSIerやソフトウェア開発事業者など、パートナー企業の皆さまのビジネスプロセスを効率化し、加速します。


1.背景
 NTT Comは、法人のお客さま向けにオンラインでのサービス申し込みや運用状況・設定変更などを一元的に実施できる「NTTコミュニケーションズ ビジネスポータル」を提供してきました。しかし、申し込み情報などのシステム投入をより効率化したいというお客さまなどから、自社のサービスオーダーシステムや運用保守システムと接続させたいなどのお声を多くいただきました。
 このような高度なニーズに対応するため、「NTTコミュニケーションズ ビジネスポータル」で提供中の各サービスの情報や設定変更機能を「NTT Com API」として公開、さらに一元的にアクセスするための「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ」を提供することで、お客さまのビジネスの効率化と高度化を実現します。

<サービス概念図>
http://www.atpress.ne.jp/releases/55175/img_55175_1.png


2.特長
<「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ」概要>
http://www.atpress.ne.jp/releases/55175/img_55175_2.png

(1) APIの共通化と利用のための支援
 業界標準のREST形式(*4)、OAuth認証(*5)を用いて、サービス間でAPI仕様を共通化し、お客さまシステムへの組み込みを容易にします。さらに、今後情報提供サイト「開発者ポータル」を通じて、APIの仕様や組み込みノウハウを広く情報公開していく予定です。

@Press

トピックスRSS

ランキング