- 日経BPコンサルティング調べ「Webブランド調査2014-秋冬」 -Webサイトのブランド力評価 「楽天」が「Yahoo! JAPAN」から首位奪還 急上昇サイトはUCC上島珈琲と東急ハンズ

@Press / 2014年12月19日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2014-秋冬」の結果をまとめ、2014年12月19日に調査報告書を発行・発売した。

本リリース掲載ページ
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/1219wb/


【調査結果のポイント】
○「楽天市場」がランキング第1位、首位の座を「Yahoo! JAPAN」から奪還。
 インターネットと実店舗をつなぐ一連の試みが評価を押し上げる。
○評価が急上昇したサイトは「UCC上島珈琲」と「東急ハンズ」。
 「UCC上島珈琲」は希少品種のレギュラーコーヒー販売でイメージ好転、「東急ハンズ」は大幅リニューアルで使いやすさが高評価。


■「楽天市場」がランキング首位奪還、実店舗との連携強化が奏功
 ネットユーザーがサイトのブランド力を評価する「Webブランド指数」で、調査対象500サイト中、ランキング第1位となったのは「楽天市場」だった。第2位は前回第1位の「Yahoo! JAPAN」(表1)。有効回答数は36,369サンプル。
 「楽天市場」は、スコアが3.1ポイント上昇して121.5ポイントとなり、「Yahoo! JAPAN」のスコアを3.4ポイント上回った。前回の調査(2014年4月実施)と比べると、サイト外での行動誘発を示す「波及効果」の評価が大きく上昇している(図1)。楽天は今年、インターネットと実店舗をつなぐ一連の試みに力を入れてきた。例えば、楽天会員向けの「楽天スーパーポイント」と電子マネー「楽天Edy」の交換開始(2014年3月)、コンビニやガソリンスタンドでも楽天スーパーポイントを貯めたり使えたりする「Rポイントカード」サービス開始(2014年10月)などである。百貨店やキヨスクでの催事も実施している。こうした試みがネットユーザーに伝わり、スコアを押し上げたものと思われる。


表1 Webブランド指数 ランキング トップ50
http://www.atpress.ne.jp/releases/55197/img_55197_1.png
※ランキング表中のサイト名表記は、トップページのタイトルによるサイトの正式名称。
図1 「楽天市場」のスコアチャート
http://www.atpress.ne.jp/releases/55197/img_55197_2.png

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング