チャイルド・ボディ・セラピスト 蛯原英里さん プロデュース 赤ちゃんのボディタッチにこだわったNEWベビーふとんシリーズ「Feribe」12月22日より販売開始!

@Press / 2014年12月17日 15時0分

Feribeイメージ
 寝具・寝装品メーカーの西川リビング株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宮川一幸)は、チャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里(えびはらえり)さんがプロデュースする新しいベビーふとんシリーズ「Feribe(フェリーベ)」を、2014年12月22日(月)より順次、全国のベビー専門店、有名百貨店、寝具専門店、量販店などで販売開始いたします。

<Feribe(フェリーベ)」>
http://www.nishikawa-living.co.jp/products/feribe/


■子どもの成長を眠りで応援する「眠育プロジェクト」について
 西川リビングが提唱する「眠育プロジェクト」は、2014年2月に発足し、危機的状況にある子どもたちの睡眠環境を改善するために、“子どもたちの睡眠の大切さ”や“睡眠と成長の関係性”などを、キッズ用寝具取扱店や子ども向けイベントなどを通じ、幅広い世代に発信しています。
 また、「眠育プロジェクト」は今年、「第8回キッズデザイン賞」(キッズデザイン協議会<内閣府認証 NPO>主催)“子ども視点の安全安心デザイン 子ども部門”で、奨励賞「キッズデザイン協議会会長賞」及び、「健康科学ビジネスベストセレクションズ2014」(健康科学ビジネス推進機構主催)の特別賞を受賞しており、これからも「眠育」のさらなる認知拡大を目指すとともに、長年にわたる眠りの研究成果に基づいた子どもたちの理想の睡眠環境を追及して参ります。


■チャイルド・ボディ・セラピスト 蛯原英里さん×寝具・寝装品メーカー 西川リビング
 「Feribe(フェリーベ)」は、チャイルド・ボディ・セラピスト「蛯原英里さん」プロデュースの“ママと赤ちゃんがHappyでいられるように”という想いを込めて誕生した、新しいベビーふとんシリーズです。蛯原英里さんは、以前NICU(新生児集中治療室)で看護師として勤務され、多くの赤ちゃんを看てこられた経験から、一日のほとんどの時間を眠っている赤ちゃんの成長には、「眠り」がとても大切なことを実感されていました。“赤ちゃんの寝環境を整えてあげたい”という蛯原英里さんの想いと、西川リビングが進める「眠育」の考え方が合致し、今回のプロデュースが実現しました。

【蛯原英里(えびはらえり)プロフィール】
ena AMICE(エナ・アミーチェ)代表/チャイルド・ボディ・セラピスト

 NICU(新生児集中治療室)にて6年間勤務。ベビーマッサージ・ベビーヨガレッチなどの資格を取得し2012年ベビーマッサージサロンena AMICE(エナ・アミーチェ)を設立。現在、チャイルド・ボディ・セラピストとして活動中。
 「ママと赤ちゃんがHappyでいられるように」と、ベビーマッサージはもちろん、ママと赤ちゃんが一緒にできるベビーヨガレッチや、ママ向けのエクササイズなど、様々な講座を開催。自身も2014年8月に長女を出産。子育てをする中で赤ちゃんとの触れ合いの大切さをより強く感じ、多くの親子に伝えたいという想いで日々活動しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング