「全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)」と「受託ビジネス向け業務管理システム board(ボード)」が連携 ~案件管理から請求、会計までのバックオフィス業務がクラウドで完結!~

@Press / 2014年12月18日 9時30分

サービスイメージ図
 freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木 大輔 http://www.freee.co.jp/ )とヴェルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:田向 祐介)は、「全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)」 http://www.freee.co.jp/ と「受託ビジネス向けクラウド型バックオフィス業務システム board(ボード)」 https://the-board.jp/ において、2014年12月18日からサービスの連携を開始いたします。


■見積書の発行から会計業務までがクラウド上でシームレスに完結
 今回の連携における最大の特長は、ユーザーが特別な操作を行うことなく*、これまでどおりboard上で日常の業務を行うだけで自動的にクラウド会計ソフト freeeに会計データが計上されることです。
 例えば、boardで請求書を発行し、「請求済」となった情報は「売上高」として自動的にクラウド会計ソフト freeeに計上されます。またboardでは、受注管理はもちろん発注管理も行うことができるため、発注管理で「請求書受領済」ステータスに変更すると、freeeにその金額が「費用」として自動計上されます。
 さらにデフォルトの費用は「外注費」として連携されますが、boardの発注区分別で、クラウド会計ソフト freeeの勘定科目をマッピングできるようになっているため、発注内容に合わせた柔軟なデータ連携も可能です。

 今回のboardとクラウド会計ソフト freeeの連携により、必要な見積書、請求書等の書類発行、案件管理、発注管理から売上分析、そして会計業務まで、受託ビジネスにおける一連の業務の流れに一貫して対応する業務システムをクラウド上で実現しました。
*別途freeeへのユーザー登録は必要です。


■連携にあたってのコメント
・ヴェルク株式会社 代表取締役 田向 祐介
「クラウド会計ソフト freeeとの連携により、boardユーザーは今までどおりの業務を行うだけで、会計業務までデータを落とし込めるようになりました。私は自身のキャリアの中で、大規模な基幹システムの構築や業務システムと会計システムの連携を数多く行ってきました。その経験を活かし、日常業務を効率化し自動的に会計データまで生成するという基幹システムの発想を、クラウド型サービスで業務にフィットさせた形で実現したいと考え、受託ビジネスに特化した業務システム「board」を開発し、さらに今回、freeeとの連携を実現しました。
この連携をきっかけに、単体のサービスでは実現できていなかったシステム連携による業務効率化を実現したいと考えています。」

@Press

トピックスRSS

ランキング