NTT西日本、奈良・富雄団地で「あんしん見守り」トライアルを開始 ~ 超高齢社会の「地域包括ケア」時代に向けた地域連携プロジェクト ~

@Press / 2014年12月19日 14時30分

独立行政法人都市再生機構西日本支社(以下、UR都市機構)、社会福祉法人協同福祉会、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、超高齢社会に対応し、住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らし続けられる住まい・まちづくりをめざし、奈良市の富雄団地を舞台に地域連携プロジェクトとして、テレビ電話を活用した「あんしん見守り」トライアルを2015年2月より開始します。


1.トライアルの背景と目的
UR都市機構は、団地を中心として、住み慣れた地域で最期まで住み続けることができる環境(Aging in Place)※1を実現するため、地域の方々と連携し、100団地程度において地域医療福祉拠点の形成※2をめざしております。また、社会福祉法人協同福祉会は、奈良県下において、「あすなら10の基本ケア」※3を実践し、あすならホーム・ハイツ(地域福祉拠点)を中心に、在宅(地域)での介護を支える仕組みづくり(「あすなら安心システム」※4)を進めており、テレビ電話を活用した24時間365日の定期巡回・随時対応型サービス(定期巡回・随時対応型訪問介護看護)にもいち早く取り組み、地域に暮らす全ての人たちが安心して暮らしていけるまちづくりをめざしております。そのような中、両者が連携し、富雄団地において2014年6月より、高齢者向け安心住宅「Co楽暮(こらぼ)」※5の供給を行い、ハード・ソフトの両面から、高齢者の住まいを支える仕組みづくりをめざしてまいりました。

一方、NTT西日本では、本格的な超高齢社会を迎え、「介護費用の増大」や「ホームヘルパーの人材不足」が大きな社会問題となっていることを踏まえ、ワンタッチでの簡単接続を可能とするテレビ電話により、ホームヘルパーが要介護者宅を訪問することに伴う稼働とコストを削減し、要介護者がホームヘルパーと簡単にコミュニケーションをとることができる新商品「みまもりテレビ電話パック」※6の提供を2014年10月に開始し、ICTの活用により、暮らしの安心をサポートできるよう努めてまいりました。
異なる分野で「地域包括ケア」の実現をめざすこれら3者が、それぞれの強みを持ち寄ることで、特に団地において顕在化しつつある超高齢社会の地域課題(高齢世帯の増加、地域のつながりの希薄化、閉じこもり等)の解決に向け、本トライアルを行うことといたしました。

※1 住み慣れた地域で最期まで住み続けることができる環境。

@Press

トピックスRSS

ランキング