高橋 大輔の原点?岡山県の新PR「もんげー岡山!」で公開 ~ ふるさと岡山で、次の世代への思いを語る ~

@Press / 2014年12月19日 12時0分

もんげー岡山!特設サイト
 岡山県は、2014年9月より「もんげー岡山!」をキャッチフレーズに掲げ、全国に向けた新しいPR活動をスタートしております。12月19日(金)11時から、特設サイト「もんげー岡山!」にて高橋 大輔さん出演の新しい動画を公開しました。

もんげー岡山!特設サイト
http://monge-okayama.jp


 この動画は、岡山県が9月16日から全国に向けて始めた新PR「もんげー岡山!」の一環です。岡山県倉敷市出身のフィギュアスケーター、高橋 大輔さんが出演し、ご自身の原点となる倉敷のスケートリンクから「次の世代」へのメッセージを語っています。

<タイトル>
もんげー岡山!presents 高橋 大輔から君へ

<出演>
高橋 大輔さん、倉敷フィギュアスケーティングクラブの子どもたち

<内容>
高橋 大輔さんから「次の世代」に向けてのメッセージです。

地元の倉敷で、8歳のときに出会ったフィギュアスケート。世界で戦い、表彰台に立つまでに至った栄光の影には、さまざまな苦悩や挫折がありました。ご自身の経験をもとに語る高橋 大輔さんの飾らない言葉は、これからの時代を担う子どもたちはもちろん、すべての人に響くメッセージとなるでしょう。

映像には、高橋 大輔さんが所属していた「倉敷フィギュアスケーティングクラブ」の子どもたちも出演しています。ふるさとで子どもたちと一緒に滑る高橋大輔さんは、競技とは違ったリラックスした表情を見せてくれます。バンクーバーオリンピック銅メダルに輝いたフリー演技「道」の再現を、ハイスピードカメラで追った映像も見どころです。新PRの決めゼリフ「もんげー岡山!」も言っていただきました。

<収録日・収録場所>
12月6日(土)、ヘルスピア倉敷・アイスアリーナ(高橋 大輔さんが8歳のときにフィギュアスケートを始めたリンク)

<もんげー岡山!とは>
「もんげー」とは、岡山の方言で「すごい」の意味です。岡山県にあるもんげーモノを全国に向けてもんげーアピールしていくPR活動のキャッチフレーズ、それが「もんげー岡山!」です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

地元の倉敷で子供たちと高橋さんの岡山弁は新鮮五輪銅メダルの演技を再現

@Press

トピックスRSS

ランキング