アライドアーキテクツとブレインパッドがDMP分野でサービス連携を開始

@Press / 2014年12月18日 15時30分

アライドアーキテクツとブレインパッドがDMP分野でサービス連携を開始 イメージ
ソーシャルメディアマーケティング支援事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、企業・ブランドのファンサイト構築システムを搭載したクラウド型DMP(※1)「BRANDCo(ブランコ)」と、株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野隆史、証券コード:3655)が提供するWebプラットフォーム/レコメンドエンジン「Rtoaster(アールトースター)」とのサービス連携を2014年12月18日より開始しますのでお知らせいたします。

本サービス導入の第一弾として、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(以下「GDO」)が両サービスで収集した各種データを連携し、マーケティング施策の精度向上を目的に活用いたします。

■今回のサービス連携について
「BRANDCo」は、Web上の顧客接点を一ヶ所に集約する「ファンサイト」を、独自のCMS(※2)で手軽に作成できるクラウド型DMPです。多彩なキャンペーン機能やアンケート機能を搭載しており、これらのプロモーション活動を通じて取得した各種データをクラウド上で蓄積・分類し、容易にマーケティングへ活用することができます。
「Rtoaster」は、サイト内のユーザー行動、CRMデータ、外部データなどを利用したプライベートDMP(※3)機能と高精度なレコメンドエンジンをベースに、一人ひとりのユーザーの趣味、嗜好に応じた最適な情報を多様なチャネルで提供するレコメンド、パーソナライズ・ソリューションです。 

今回の連携により、広告主企業は、「BRANDCo」におけるキャンペーン開催等で取得した顧客のプロモーション(販促・宣伝)データと、「Rtoaster」におけるユーザー行動、CRMデータなどのプライベートDMPのデータを組み合わせ、マーケティングに活用することが可能となります。

従来、多くの企業では、プロモーション施策を通じて取得したデータは、主にプロモーションコストの効果検証や計測に使用されることが一般的であり、顧客に関する多種多様なデータが取得されているにも関わらず、単発的・短期的な活用に留まっているという現状にありました。
本サービスを利用することで、企業がプロモーション施策を通じて得た顧客データという「資産」をクラウド上で蓄積・分類し、CRM施策の最適化や広告施策の多様化への対応、生活者の意識変容推移などソーシャル施策価値の可視化といった、データベースマーケティング全般におけるPDCA(※4)の精度向上・改善につなげることができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング