FPフォーラム冬2015『これからどうなる 年金・社会保障?』『早めに備えればより安心 生活設計(資産形成)を考えよう』をテーマに、生活者の立場に寄り添ったセミナーを2015年2月8日(日)横浜(上大岡)にて開催 ファイナンシャル・プランナーによる無料体験セミナー・個別相談会も

@Press / 2014年12月22日 14時0分

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下 日本FP協会)神奈川支部(支部長:町野 隆)は、2015年2月8日(日) 神奈川県、横浜市経済局の後援を受けて、福祉保健研修交流センター ウィリング横浜(上大岡)にて「FPフォーラム冬2015」を開催いたします。このフォーラムはセミナー、個別相談会の2部からなり、いずれも参加無料で事前予約制となっております。

・FPフォーラム冬2015
https://www.jafp.or.jp/tbb/?hojin_cd=914


■開催背景
今年、2014年は年金財政検証(2004年より5年毎に国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通しの検証)の年に当たり、厚生労働省は6月3日(火)に長期的な見直しとして8つのケースの試算を示しました。
その内容は、現状の引き伸ばしでは、年金制度の維持は難しく、今後、高齢者の給付抑制が想定される(実質目減り)となる可能性を示唆しております。こうした、年金制度の基本と現状を知り、インフレ・増税・社会保障縮小傾向下でも、社会の変化に対応できるよう、少しでも早いうちからの生活設計・自助努力(資産形成)を考えるキッカケ・参考としていただけるようなセミナーを開催いたします。


■「FPフォーラム冬2015」について
「FPフォーラム冬2015」では、第1部のセミナーにおきまして、『これからどうなる 年金・社会保障?』をテーマに、何となく老後は不安だけれど、実際「何が不安なのか?」「どうしたら不足部分を補えるのか?」厚生労働省の試算を元に、「公的保障」について学び、どのように「補えば」老後は安心なのか、ポイントを説明いたします。
第2部のセミナーにおきましては、第1部のテーマを受けまして、『早めに備えればより安心 生活設計(資産形成)を考えよう』をテーマとして、インフレ・増税・社会保障縮小傾向のなか、少しでも社会の変化に対応できるよう、少額投資非課税制度(NISA)などの優遇税制を活用し、誰にでもできる「老後資金作り」を考えます。
また、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーによる個別相談会に於いて適切なアドバイスを行います。

【FPフォーラム冬2015】
日時 :2015年2月8日(日) 10:00~16:00
会場 :福祉保健研修交流センター ウィリング横浜
    神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
主催 :日本FP協会神奈川支部
後援 :神奈川県、横浜市経済局
対象者:神奈川県民をはじめとした生活者
参加 :無料(予約制)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング