Google Lunar XPRIZEに挑戦する民間月面探査チーム「HAKUTO」 中間賞獲得に必要な試験を全て完了、結果は2015年1月26日発表

@Press / 2014年12月22日 14時30分

振動試験の様子
Googleによる賞金総額3,000万ドルの国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(以下 GLXP)に挑戦する株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区麻布台)が運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(以下 ハクト)」は、ファイナリストとしてノミネートされている中間賞の獲得に必要な各種試験を終了し、GLXPに報告書を提出しました。結果は、審判団による報告書レビューののち、2015年1月26日に行われる米国(California Academy of Sciences - San Francisco, CA)でのセレモニーにて発表されます。

「ハクト」: http://team-hakuto.jp/


【中間賞獲得に向けた試験】
「ハクト」は、月面探査ローバーのプレフライトモデル、「Moonraker」と「Tetris」が打ち上げ可能(Flight-Ready)な宇宙機として機能することを証明するために、各種試験を行ってまいりました。


■振動試験
ローバーは打ち上げ時に、ロケットの振動により大きな振動が加わります。加振機を用いて、直交3軸に想定される振動を与え、振動環境中でもローバーに異常がないこと、また振動環境を経たあとも性能を損ねること無く正常に起動することを確認しました。

振動試験の様子
http://www.atpress.ne.jp/releases/55440/img_55440_1.jpg


■熱真空試験
宇宙空間及び月面は、地上と違い、ローバーは極低温/高温かつ真空状態に晒されます。大気中とは異なる伝熱特性の中、ローバー内の温度が規定温度範囲内に維持でき、熱真空環境下で所定の性能を満たすことを確認するために、月面までのクルージングフェーズでの環境及び月面での温度環境に近い状態を真空チャンバ内で再現し実験を行いました。今回の実験を通して、宇宙環境でもローバーが正常に稼働することを確認するとともに、ローバーの熱モデル作成のための有益な数値データを取得することに成功しました。

熱真空試験の様子
http://www.atpress.ne.jp/releases/55440/img_55440_2.jpg


■フィールド走行試験
月面は、レゴリスと呼ばれるパウダー状の砂で覆われています。この非常に軟らかい表面や、さまざまな障害物があるなかでもミッションを実行する能力があることを実証するため、GLXP審査員の立ち会いのもと、フィールド走行試験を行いました。実験の開催地は、月面探査ローバーのテストフィールドとして国内最適地であると知られている中田島砂丘を選択しました。中田島砂丘は、適度な起伏のある砂で覆われた地形であり、JAXAなども月面探査車の実験を行った実績がある場所です。

@Press

トピックスRSS

ランキング