~お年玉に関する意識調査~2015年・お年玉の平均支出予定総額は、28,386円

@Press / 2014年12月22日 18時45分

お年玉に関する意識調査 画像・2015年
住信SBIネット銀行株式会社(URL:http://www.netbk.co.jp/、本社:東京都港区、代表取締役社長 円山 法昭、以下「住信SBIネット銀行」という)は、住信SBIネット銀行の口座を保有する全国のお客さまに「お年玉に関する調査」を実施し、1,429人より回答をいただきました。

*********** アンケート結果概要 ***********

■ お年玉をあげる額が増える人「27.5%」、変わらない人「66.6%」
お年玉をあげる額が昨年の調査結果(「増える」25.2%、)に比べ、「増える」と答えたかたが「2.3%増加」しました。

■ お年玉支出に対する心境の変化も?
お年玉をあげる額が増える理由を聞いてみると、「あげる人の年齢が上昇したから(64.2%)」「あげる人数が増えたから(22.3%)」といった、例年見られる要因以外に、「去年はあげられなかった(6.6%)」「お祝いを兼ねて(3.3%)」といった理由が増えており、お年玉支出に対しての心境の変化がうかがえます。

■ お年玉の支出総額、昨年の調査結果よりも「1,058円」増加、調査開始以来最高額に
今冬あげるお年玉の平均支出予定総額は「28,386円」となり、昨年の調査結果(27,328円)よりも1,058円増加しております。これは2010年の調査開始以来、最高額となりました。

■ 小学生(高学年)への平均支出額が増加。支出額増加の担い手は、20代と50代以上
昨年の調査結果で小学生(高学年)への平均支出額について、1,001円~3,000円を支出する人が最も多かったのに対し、今冬は3,001円~5,000円を支出する人が最も多い結果となりました。また年代別で平均支出額を昨年の調査結果と比較すると、全年代では1,058円増加に対し、20代は2,717円、50代以上は3,591円の増加となり、伸びが目立ちました。

<総括>
今回の調査では昨年の調査結果と比較して、「お年玉の平均支出総額」は「28,386円」、お年玉をあげる対象は5人以上が30%超(昨年は26.9%)となり、いずれも過去最高の結果となりました。金額を増やした理由が収入の増加ではなく、「去年あげられなかった」など、ほかの要因であることや、小学校高学年への支出額が増額していることも踏まえると、消費意欲が旺盛な団塊世代を含む50代以上の層を中心に、昨今の景気回復への期待感が膨らみつつあるのかもしれません。

≪アンケート調査概要≫
調査期間:2014年12月12日~12月16日
調査対象:住信SBIネット銀行の個人顧客
回答者数:1,429名
(内訳 20代:110人 30代:206人 40代:366人 50代:364人 60代:383人)
調査方法:インターネットアンケート
調査地域:全国

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング