管理栄養士の3人に2人が転職予備軍!4割強が常に転職を意識!

@Press / 2014年12月25日 15時0分

介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エスは、運営する管理栄養士/栄養士向けコミュニティサイト「エイチエ」( http://eichie.jp/ )が、同サイトの会員(管理栄養士の資格保有者)向けに「転職に関する意識調査」を実施したことをお知らせ致します。
 その結果、アンケートに回答した管理栄養士の3人に2人が転職を考えており、常に転職を考えている人も4割を越えるということがわかりました。また、別の設問では、管理栄養士という専門性の高い仕事が職場で理解されず、雑用に追われている現状に不満を抱えているということも明らかになりました。医療費の増加が社会問題となっている昨今、予防医療の観点からも管理栄養士の活躍は不可欠です。管理栄養士をより活かしていくためには、社会として、その仕事への理解が急務であると考えられます。

【調査の背景】
管理栄養士は、各職場に1人しかいないことが多いため、職場環境・仕事内容について相談し合える仲間が少ないのが現状です。そのため、「エイチエ」にも就職や転職に関する相談コメントが日々続々と集まっています。そこで、管理栄養士の方々の、キャリアに関する思い、職場での悩み・不満を明らかにするために、「転職に関する意識調査」を実施致しました。

【調査結果の概要】※一部抜粋
・3人に2人は転職予備軍であり、4割強は転職を“常に”考えている
「1年のうち転職を考える時期」について質問したところ、67.9%の人が1年のうち1度は転職を考えているということが明らかになりました。また、43.4%の人が「常に考えている」と回答しています。

・現職への不満は「上司」、「サービス残業」、「雑用」
現職への不満として最も多く挙げられたのが、「上司への不満」で18.8%。次いで「給与に反映されない超過勤務が多い(13.9%)」、「業務以外の雑用が多い(13.3%)」がつづきます。労働環境の悪さに加えて、管理栄養士の仕事が職場で理解されず、専門性を活かせない雑用に多くの時間を取られてしまうことへの不満が浮き彫りになりました。

・転職を思いとどまったのは、「希望条件に合致する転職先が見つからなかった」から
転職予備軍が多い一方で、52.3%の人が「転職を思いとどまったことがある」と回答しております。その理由は、「希望条件に合致する転職先がみつからなかった」が45.1%で最も多く、転職を考えるものの、希望する職場を見つけられずに、半ばあきらめて現職にとどまる人が多いのが現状です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング