将来を期待されている企業が分かります!第3回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査結果を発表

@Press / 2014年12月26日 11時0分

 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都千代田区、 http://www.riskmonster.co.jp/ )は、第3回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査結果を発表いたしました。


1.実施概要
・調査名称 :第3回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査
・調査方法 :インターネット調査
・調査エリア:全国
・調査期間 :2014年10月25日(土)~10月26日(日)
・調査対象者:未成年の子(男)をもつ20~69歳の男女個人 200人
       未成年の子(女)をもつ20~69歳の男女個人 200人
       未成年の孫(男)をもつ20~69歳の男女個人 200人
       未成年の孫(女)をもつ20~69歳の男女個人 200人
・有効回収数:800サンプル


2.調査結果
[1]トヨタ自動車、全日空強し!2年連続のワンツーフィニッシュ!
 第3回の「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」のランキング1位は、「トヨタ自動車」(回答率11.1%)となりました。次いで2位「全日本空輸(ANA)」、以下、3位「三菱東京UFJ銀行」、同率4位「資生堂」、「三菱商事」までがTOP5となりました。(図表A)
 トップ20の業種では、製造業が9社と最も多く、次いでその他交通インフラ系4社となり、これら2業種で半数以上を占める結果となりました。
 大きく躍進した企業の中では、感染症の特効薬開発による社会貢献度や業績への影響に好感をもたれた「富士フイルム」や、マイナスイメージのニュースが多い中でも事業基盤や資本規模などの安定性が評価された「資生堂」や「エヌ・ティ・ティ・ドコモ」などが特筆されます。なお、トップ100については図表Bのとおりです。

[2]「流行」に敏感な父母世代 × 「安定重視」の祖父母世代!?
 「お子さんに勤めてほしい企業」としてのランキング1位は、「全日本空輸(ANA)」(回答率10.0%)でした。次いで2位「トヨタ自動車」、3位「三菱東京UFJ銀行」、同率4位「資生堂」、「日本航空(JAL)」、「グーグル(Google)」となりました。(図表C)
 これに対して、「お孫さんに勤めてほしい企業」としてのランキング1位は、「トヨタ自動車」(回答率13.3%)でした。次いで2位「全日本空輸(ANA)」、3位「サントリー」、4位「三菱商事」、5位「三菱東京UFJ銀行」と続きました。(図表D)
 父母を対象とした「お子さんに勤めてほしい企業」においては、経済の流行に敏感な父母世代の感性を反映してか、上位20社中9社が前年と入れ替わり、IT関連企業を初めとした新興企業が上位にランクインしているのに対して、祖父母を対象とした「お孫さんに勤めてほしい企業」では、安定を重視する祖父母の感性を反映して上位20社中14社が前年に引き続き上位にランクインし、業歴の長い企業や財閥系企業が名を連ねているなど、世代間で対照的な結果となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング