『品質・信頼・安全』にこだわるSeasonic製 ATX電源ユニット80PLUS PLATINUM認証 Platinum Series『SS-1050XP3/SS-1200XP3』を発売

@Press / 2014年12月26日 13時15分

SS-1050XP3/SS-1200XP3
PC周辺機器及びスマートフォン・タブレットアクセサリーの製造・販売を行う株式会社オウルテック(所在地:神奈川県海老名市、代表取締役:東海林 春男)は、Seasonic製80PLUS PLATINUM認証取得のATX電源ユニット『SS-1050XP3/SS-1200XP3』を12月17日より全国の量販店並びに直販サイト(オウルテックダイレクト)にて発売いたしました。

『SS-1050XP3』『SS-1200XP3』:http://www.owltech.co.jp/products/ss-xp3/

■商品特長
【Haswell対応の80PLUS PLATINUM認証 ATX電源】
Seasonic製電源『Platinum series』は、80PLUS PLATINUM認証を取得したハイエンド電源ユニットです。1050W(87A出力)/1250W(100A出力)の2モデルをラインアップしました。最新のIntel HaswellなどハイパフォーマンスCPUやグラフィックボードにも対応し、より安定した動作が保証されます。

【80PLUS PLATINUM認証取得】
いまや電源の省エネ性能や安定性の指標となっている「80PLUS プログラム」において、80PLUS PLATINUM認証を取得しています。コンピューターの電源が20%~100%の負荷環境下において、電源変換効率80%以上がスタンダードという基準に対して、80PLUS PLATINUMは、電源の負荷率が20%のとき変換効率が90%以上、負荷率が50%のとき変換効率が92%以上、負荷率が100%のとき変換効率が89%以上の効率性を発揮します。

【信頼の日本メーカー製105℃アルミ電解コンデンサ採用】
電解コンデンサには高品質の日本メーカー製105℃対応品を一次側・二次側の両方に採用しています。
電源の大きな故障要因となるコンデンサ部分に、85℃品に比べて約4倍の期待寿命がある部品を使うことで、製品寿命と信頼性を大幅に向上させています。

【日本メーカー製105℃固体コンデンサ採用】
固体コンデンサは、急激な負荷変動に対しても、エネルギーをすぐに放出できるため、電圧が変動しにくいという特長があります。液体のアルミ電解コンデンサに比べ、固体コンデンサはインピーダンスが約1/10と低いので、コンデンサによる損失が小さくなり、効率が高くなり、格段に期待寿命が長くなっています。

@Press

トピックスRSS

ランキング