HOYAサービスとインターコムが、製造業向けERP・EDIソリューションの提供で協業

@Press / 2015年1月7日 11時0分

連携イメージ
■連携ソリューションの概要:ERPとEDIをノンプログラミングで連携させる専用アダプターと、国内製造業の業務要件に適合させた専用テンプレートをご提供。

受発注を始め通信回線を通して企業間の業務取引を行う場合、取引データを一元管理するために、社内のERPシステムとEDIシステムを連携させる必要があります。従来、ERPシステムとEDIシステムを連携させるためには、個別のプログラム開発など多くの負担を必要としていました。今回の連携ソリューションでは、HOYAサービスが開発した専用アダプタを利用して、「Microsoft Dynamics AX」と「Biware EDI Station」のデータ連携を実現します。専用アダプタをインストールすることでERPシステムとEDIシステムの連携基盤を構築でき、従来と比べて両システムを導入する際のコスト削減や導入期間の短縮を実現できます。

また「Biware EDI Station」が担うEDIの通信機能は、インターネットEDIからレガシー(従来型)EDIまで新旧の様々な通信手順に対応しており、業種・業態を問わず幅広いEDI取引にご活用いただけます。さらに、日本の組立加工製造業の業務要件を徹底的に吸い上げて開発したHOYAサービス独自の「Microsoft Dynamics AX 組立加工系生産管理テンプレート」もご用意しています。製番管理・生産計画取込など、一品一葉の個別受注生産から見込生産まで幅広く対応でき、グローバル展開する中堅製造業の企業様の基幹業務を強力にサポートします。

■「Microsoft Dynamics AX 組立加工系生産管理テンプレート」について
Microsoft Dynamics AXのアドオンモジュール群で構成され、製番管理、生産計画取込など、一品一葉の個別受注生産から見込生産まで対応可能なテンプレートであり、HOYAグループをはじめ、組立製造業のお客様にご利用いただいております。
組立製造業では、海外の生産拠点をはじめとして、早期のシステム導入・立ち上げのニーズも多く、短期・低コストでのシステム導入に強いニーズがあります。
→ Webサイト http://www.hoyasv-it.com/erp

■「Biware EDI Station」 について
シリーズ累計で23万本以上の販売実績を誇るEDIパッケージ「Biwareシリーズ」の最上位製品です。システムの高い安定性を確保するサーバーの負荷分散、耐障害性を確保するサーバーの冗長化、最大64回線に対応するレガシーEDI(JCA手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順)の回線増設、インターネットEDI(EDIINT AS2、ebXML MS、JX手順)の最大48同時接続など、EDIシステムに求められる高い拡張性や信頼性を兼ね備えています。さらに、ドラッグ&ドロップの簡単操作で取引処理の流れを構築できる優れた操作性、業務システムへの組み込みを簡単に実現するAPI連携などの機能も搭載しています。
→ Webサイト http://www.intercom.co.jp/biware/station/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング