ディノスが、世界最高峰の色と称される、血赤(ちあか)珊瑚のジュエリーを発売

@Press / 2015年1月5日 13時30分

ユキコ・オオクラ K18血赤珊瑚デザインリング・ペンダント
株式会社ディノス・セシール(本社:東京都中野区)は、「ディノス」で展開する、大人の女性のためのジュエリーマガジン『GEMS STUDIO premium class(ジェムスタジオ プレミアムクラス)vol.7 2015 春夏号』で、日本近海でしか採取されないため、その希少性の高さから価値が年々上がり続けている、珊瑚の中では世界最高峰の色と称される「血赤(ちあか)珊瑚」を繊細なデザインに仕上げたジュエリーを、2015年1月5日より発売します。

このほかにも今号では、ブルー、グリーン、ピンクなどのカラーストーンを使ったジュエリーや、モノトーンのグラデーションに連ねた新鮮な感覚のパールネックレス、3ct~10ctのフルダイヤモンドネックレスやブレスレットなど、春のおしゃれを輝かせるラグジュアリーなアイテムを豊富に展開します。また、ディノスオンラインショップ上の「ジェムスタジオ プレミアムクラス WEBサイト」(http://www.dinos.co.jp/gems)では、カタログで販売する商品をよりわかりやすくサポートする情報を掲載し、さらに掲載商品の仕様変更等のセミオーダーも受け付けます。

【Coral】日本最古の珊瑚商「大倉珊瑚店」の希少なストックから生まれた血赤珊瑚ジュエリー
珊瑚は、宝石として加工できる原木になるまでに数千年の時を経ているものもあるとされる希少な海の宝石で、その価値は年々上がり続けています。
そのなかでも、「血赤珊瑚」は、日本近海でしか採取されず、珊瑚の種類の中でも最も価値が高く、欧米でオックスブラッド(牛の血の意)とも呼ばれる、その深い赤色は世界最高峰と称されます。とくに良質な原木は、新しく手に入れることが困難になってきているため、過去4年間で価格が10倍以上に高騰しています。
このたび『GEMS STUDIO premium class』は、日本最古の珊瑚商「大倉珊瑚店」が長い間大切にストックしてきたペアシェイプの「血赤珊瑚」を特別に商品化。デザイナーのユキコ・オオクラが、繊細で優美なデザインに仕上げた、日本製のリングとペンダントヘッドを展開します。

◆ユキコ・オオクラ K18血赤珊瑚デザインリング  198,000円(税抜)
◆ユキコ・オオクラ K18血赤珊瑚デザインペンダントヘッド  148,000円(税抜)
  *ペンダントヘッドに相性のよい、イタリアンゴールドチェーンもラインナップ。
◆ウノアエレ K18デザインネックレス  60,000円(税抜)  イタリア製

@Press

トピックスRSS

ランキング