コミュニティを育む自由設計マンション「駒沢公園ハウス」竣工

@Press / 2015年1月7日 10時30分

白が映える外観デザイン
自由設計ができる新築マンション、コーポラティブハウスを基幹事業とする株式会社コプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青木 直之)がコーディネイト・設計監理を手掛けた「駒沢公園ハウス(駒沢公園コーポラティブハウス)」がこの度、世田谷区駒沢4丁目に竣工いたしました。


【旗竿地を生かして実現した、都心で豊かに住まう選択肢】
駒沢オリンピック公園をまるで我が庭のように楽しめる(徒歩4分)抜群の立地が魅力の同物件は、豊かな自然も華やぎも楽しめる住まいです。
相続税対策や空き家問題で昨今話題に出ることの多い、都心ならではの“旗竿地”ですが、位置指定道路を計画することで土地の持つポテンシャルを最大限に活かし事業化できた、建築・不動産コンサル力を発揮したプロジェクトとなっています。
表情のある白い素材を用いた外観で、「モダンさ」「繊細さ」「シンプルさ」を表現したデザイン性の高さも特長です。


【駒沢公園ハウス 物件概要】
所在地    :東京都世田谷区駒沢4丁目19-3
交通     :東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩9分
        東急田園都市線 桜新町駅 徒歩13分
用途地域   :商業地域/近隣商業地域
用途     :共同住宅
建ぺい率   :100%
容積率    :240%
敷地面積   :447.64m2(実測面積)
建築面積   :204.72m2(実測面積)
延床面積   :984.38m2
専有面積   :66m2台~77m2台
構造・規模  :RC構造・地上6階
総戸数    :11戸
施工     :株式会社興建社
設計・監理  :株式会社コプラス
コーディネイト:株式会社コプラス
竣工     :2014年12月
URL: http://www.co-plus.co.jp/komazawa/index.html

※現在、限定2戸販売中です。(402号室・76.31m2、501号室・66.74m2)


【コーポラティブハウスとは】
コーポラティブハウスとは、住まい手自らが事業主となってマンションを建てるしくみです。
住まいを買うのではなく自分たちで作っていくので、自由に設計ができること、価格の透明性、住まいづくりのプロセスで心地よいコミュニティが醸成されることが特長です。
分譲マンションには小さく戸建には大きいような、価値は高くても市場ニーズは少ない土地を適正価格で取得でき、モデルルーム費用や広告宣伝費用も圧縮できるため、納得価格で住まいを取得できる選択肢として注目されています。


【株式会社コプラスについて】
コプラスは、「あったらいいな」という想いをカタチにする不動産・設計・事業企画のプロフェッショナル集団です。「人と人とのつながりを大切にしたい」「長くおつきあいいただけるプロ集団でありたい」という想いのもと、コーポラティブハウスを中心にシェアハウス、コモン付賃貸住宅、コノイエシリーズ、コーポラティブヴィレッジなど、コミュニティがキーファクターとなる住まいづくりや街づくり事業を展開しています。

名称 : 株式会社コプラス
所在地: 東京都渋谷区南平台町16-29グリーン南平台ビル5F
設立 : 2002年2月6日
資本金: 5,000万円
URL  : http://www.co-plus.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

エントランス旗竿地の事例限定販売中の501号室

@Press

トピックスRSS

ランキング