「サラベス」の “水曜日限定スペシャルワッフル” で元気に楽しい一週間をワッフル・ウェンズデー 第2弾メニュー 『チョコホリック』

@Press / 2015年1月9日 13時30分

サラベス チョコホリック
 “NYの朝食の女王”と評されるレストラン「サラベス」発祥のアメリカでは、1週間を元気に楽しく過ごせるよう週半ばの水曜日に家族や会社の同僚、友達でワッフルやマフィン、ピザなどを食べる習慣があり、“Waffle Wednesday”、“Muffin Wednesday”、“Pizza Wednesday” というネーミングで親しまれています。

 そこで、「サラベス」の国内3店舗(ルミネ新宿店、代官山店、品川店)では、昨年11・12月にご好評いただいた『ワッフル・ウェンズデー』第1弾に続き、1月14日(水)~2月11日(水)の期間中の水曜日限定で、スペシャルワッフル第2弾 『チョコホリック』を販売します。
 また、2月14日(土)のバレンタインデーにもチョコレートたっぷりの『チョコホリック』を特別販売します。

■ サラベス 『ワッフル・ウェンズデー』 第2弾 概要
・メニュー:「チョコホリック」(1,450円・税込)
  “無類のチョコ好き(Chocoholic)” にはたまらないサラベスのスペシャルワッフルです。
  生地に香り豊かなヴァローナ社のカカオパウダーと、チョコチップを練り込み、
  甘さ控えめで外はサクッと中はモチッと焼き上げました。煮詰めた赤ワインと
  チョコレートで仕上げた温かいチョコファッジソースをかけて、
  ホイップクリーム・ラズベリー・バナナと一緒に味のバリエーションをお楽しみいただけます。

・期間:1月14・21・28日(水)、2月4・11日(水)
     ※バレンタインデー2月14日(土)も特別販売

・店舗:サラベス ルミネ新宿店 / 代官山店 / 品川店

 
■ 「サラベス」 について
 「Sarabeth’s(サラベス)」は、ニューヨーク出身の女性サラベス・レヴィーンにより、1981年NYのアッパーウェストサイドに創業しました。
 家族に伝わるレシピで作るフルーツスプレッド(果物の甘味をいかした砂糖控えめのジャム)をはじめ、フレンチトースト、パンケーキ、エッグベネディクト、ワッフルなど伝統的なアメリカの朝食メニューの“ヘルシー&リッチ”な味わいから人気となり、レストラン格付けガイド「Zagat」ではニューヨークNo.1デザートレストランに選ばれ、「New York Magazine」からは“NYの朝食の女王”と賞賛されました。
 多くのセレブリティを顧客に持ち、映画「恋するベーカリー」で主演のメリル・ストリープに調理指導をしたことでも有名です。現在はNYに10店舗、フロリダに1店舗、東京に3店舗(ルミネ新宿、代官山、品川)を展開しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング