好きな缶チューハイ1位は男女とも「キリン 氷結」!2位は男性「氷結ストロング」、女性「サントリー ほろよい」!価格・ブランドに加え、度数や味の珍しさが購入の決め手に

@Press / 2015年5月13日 14時0分

図表1:缶チューハイを飲むシーンについて【複数回答】(男性n=1,310、女性n=1,857)
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である「Point of Buy(R)購買理由データ」のアンケートモニターのうち、直近1年の間に缶チューハイの購入経験がある3,167名(女性1,857名・男性1,310名、20代~80代)を対象に「缶チューハイ」に関するアンケートを2015年4月17日に実施しましたので、その結果を報告します。

■缶チューハイを飲むのは男女とも「楽しみたい時」、男性は4人に1人が日常的に飲む

http://www.atpress.ne.jp/releases/61647/img_61647_1.jpg
図表1:缶チューハイを飲むシーンについて【複数回答】(男性n=1,310、女性n=1,857)

アンケートではまず、缶チューハイを飲むシーンを聞いたところ、男女ともにトップは「お酒を楽しく飲みたい時」(男性31.1%、女性32.8%)でした。

男女で傾向が分かれたのが「日常的に飲む」との回答で、男性は28.0%だったのに対し、女性では21.4%と男性の方が6.6ポイント高い結果となりました。

また、「行楽・イベント時」との回答では逆に、男性は13.3%だったのに対し、女性は18.7%と女性のほうが5.4ポイント高い結果となりました。

■好きな缶チューハイの1位は男女とも「キリン 氷結」、男性2位は「氷結ストロング」、女性2位は「サントリー ほろよい」

http://www.atpress.ne.jp/releases/61647/img_61647_2.jpg
図表2:好きな缶チューハイについて【複数回答】(男性n=1,258、女性n=1,686)

アンケートの回答者のうち缶チューハイを購入したが「自分では飲まない」と回答した方を除く2,944名(男性1,258名、女性1,686名)に、好きな缶チューハイを聞いたところ、1位は男女とも「キリン 氷結」(男性58.7%、女性49.2%)でした。

男性の2位は、「キリン 氷結ストロング」で25.3%、3位は「サントリー -196℃」で21.1%でした。

一方、女性の2位は「サントリー ほろよい」で42.3%、3位は「サントリー カロリ。」で24.1%でした。

■価格、ブランドの次に重視するのは男性「度数の高さ」、女性「新商品・限定品」

http://www.atpress.ne.jp/releases/61647/img_61647_3.jpg
図表3:缶チューハイを購入する際のポイント【複数回答】(男性n=1,258、女性n=1,686))

缶チューハイを購入する際のポイントについては、男女とも1位が「価格」(男性67.6%、女性62.9%)、2位が「ブランド」(男性40.9%、女性36.6%)でした。

傾向が分かれたのは3位で、男性では「度数の高さ」が27.0%、女性では「新商品・限定品」が34.0%でそれぞれランクインしました。

■男性・年配層はアルコール度数高めが、女性・若年層はアルコール度数低めが好み

http://www.atpress.ne.jp/releases/61647/img_61647_4.jpg
図表4: 自分に合っていると思う缶チューハイの度数について(男性n=1,258、女性n=1,686))

アンケートでは、自分に合っていると思う缶チューハイの度数についても聞きましたが、男性では「1度以下」が5.2%、「2~3度」が15.8%、「4~6度」が49.6%、「7度以上」が29.4%と約3人に1人が「7度以上」のアルコール度数を嗜好していることがわかりました。

女性では「1度以下」が9.3%、「2~3度」が29.4%、「4~6度」が46.5%、「7度以上」が14.8%で、男性とは逆に約3人に1人が「2~3度」のアルコール度数を好む傾向が見られました。

http://www.atpress.ne.jp/releases/61647/img_61647_5.jpg
図表5: 自分に合っていると思う缶チューハイの度数について(20代n=127、30代n=551、40代n=1,134、50代n=821、60代n=311)

 また自分に合っている缶チューハイの度数について年代別に見ると、どの世代でも最も多いのは「4~6度」(20代49.6%、30代43.9%、40代49.6%、50代45.9%、60代52.7%)でしたが、20代、30代、40代では次に多いのが「2~3度」(20代33.1%、30代33.8%、40代22.8%)、逆に50代、60代では「7度以上」(50代26.7%、60代25.7%)となりました。

40代については「7度以上」も20.5%で「2~3度」を好む方との差は2.3ポイントでしたが、20~30代と50~60代では、好みのアルコール度数の高低に異なる傾向が表れました。

缶チューハイのアルコール度数の嗜好に関する具体的なコメントを見ると、「2~3度」が好みの方では「あまりお酒が強くないので、家で飲むなら次の日残らない程度の度数がいいと思ったので。」(20代女性、自分に合っていると思う度数:3度〈以下、同〉)、「5%のも売っているがちょっとお酒が強いなと感じたので。ほどよく酔っぱらえて美味しいのが3%」(20代男性、3度)といったようにアルコールに弱いけど、お酒を楽しく飲みたい方や、程よく酔えるといった意見が多数見られました。

「4~6度」が合っているという方の意見では、「個人的にはチューハイは、とりあえずビール!の後に飲む流れが多いです。日本酒等、度数の高いものを飲む前なので、ビールと同じくらいの度数がちょうどいいと思っています。」(30代男性、6度)といったようにビールに近い度数がちょうどいいといった意見や、「普段あまり気にしたことがないのですが、そのくらいならゴクゴク気軽に飲めそうなので。」(50代女性、4度)というように気軽に飲める度数といった意見がありました。

「7度以上」を好まれる方のコメントでは、「辛口が好みで、それを意識すると、どうしても度数が高くなる。」(50代女性、8度)、「度数が低すぎるとジュースみたいで、お酒を飲んでいる感じがしないから。」(40代、男性)といったように味の観点から度数が高めの缶チューハイを選んでいる様子が見受けられました。

甘さや酸味などの味、炭酸やアルコールの強弱、果汁感などのフレーバーなど様々な嗜好で選ぶことのできる缶チューハイ。今回のアンケートでは、男女・年齢を問わず、自分の好きな酔い加減で気軽に楽しめるお酒として缶チューハイを飲んでいる様子がうかがえました。

【調査実施概要】
対象:株式会社クレディセゾンの運営する「永久不滅.com」の「レシートで貯める」サービス登録会員約およびSBFの登録会員
調査方法:「レシートで貯める」サービス及び「レシートdeポイント」サービスを活用したインターネットリサーチ
調査地域:全国
調査日:2015年4月17日
有効回答者数:3,167名
属性:[女性] 20代3%、30代 14%、40代 24%、50代 14%、60代以上 4%
[男性] 20代1%、30代 5%、40代 14%、50代 14%、60代以上 7%

【サービス概要】
■サービス名:Point of Buy(R)購買理由データ事業
■購買理由収集対象者:株式会社クレディセゾンの運営する「永久不滅.com」の「レシートで貯める」サービス登録会員およびSBFの登録会員
■購買理由収集の方法:
- 指定カテゴリー(約60カテゴリー)の商品を実際に購入した会員が、その購買理由をレシート画像と共に報告
■購買理由データの販売先: 消費財メーカー
■購買理由データの提供方法: 契約企業に専用WEBサイトを通してデータを提供
■当事業の特長:
- 日本初のレシートによる購買証明付き購買理由データ
- 「永久不滅.com」会員と「履歴書情報」のあるSBF登録会員「キャスト」で構成された約13万人のネットワークに基づく本人認証度の高いデータを提供。
- 週次POSデータとの連動分析を可能とする週次購買理由データ
■サービス詳細参照ページ:  http://www.sbfield.co.jp/pob/

【ソフトブレーン・フィールド株式会社 会社概要】
ソフトブレーン・フィールド株式会社は、ソフトブレーン株式会社(市場名:東証1 部・4779、本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6 月17 日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ約53,000 名のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など115,000店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。
当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル5階
設 立 :2004 年7 月
資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博
URL : http://www.sbfield.co.jp/

【サービスに関するお問い合わせ先】
SDS部 神谷(かみたに)
TEL:03-6328-3645 FAX:03-6328-3631
お問い合わせフォーム: https://www.sbfield.co.jp/inquirytop/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

図表2:好きな缶チューハイについて【複数回答】(男性n=1,258、女性n=1,686) 図表3:缶チューハイを購入する際のポイント【複数回答】(男性n=1,258、女性n=1,686)) 図表4: 自分に合っていると思う缶チューハイの度数について(男性n=1,258、女性n=1,686))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング