スマホで英語が学べる新感覚AR絵本・第二弾「おたまちゃんとたまきちくん」6月5日発売 ~ モバイル機器利用の低年齢層化、絵本の可能性を追究 ~

@Press / 2015年5月29日 13時0分

表紙画像
児童書や絵本を専門に取り扱う出版社、repicbook(リピックブック)株式会社(本社:埼玉県志木市、代表取締役:諏訪部 貴伸)は、本格的な絵本でありながらAR機能でネイティブの英語の発音から英単語を遊びながら学習できる『おたまちゃんとたまきちくん~うみにいこう~』を、6月5日(金)に全国の主な書店にて販売します。

従来の絵本の良い部分を残しつつ、低年齢層の利用率が高まりつつあるモバイル機器と絵本とをコラボレーションさせることで、さらなる絵本の可能性を子供たちに提供する新感覚の絵本となっています。

『おたまちゃんとたまきちくん~うみにいこう~』は、repicbookが展開するスマホやタブレットで遊べるAR絵本の“第二弾”となります(第一弾 http://www.atpress.ne.jp/view/54494 )。

※AR(拡張現実)とは:
コンピューターやモバイル機器を利用して、現実の風景や画像に情報を重ね合わせて表示する技術。最近では、ポスターや図鑑などに利用する企業も増えている。


■『おたまちゃんとたまきちくん~うみにいこう~』について
無料のARブラウザアプリ「Junaio(ジュナイオ)」をインストールしたモバイル機器をページにかざすと、効果音付き読み聞かせやテーマ曲が流れ、キャラクターの3D画像が飛び出して踊ります。また、絵本の中に出てくる7つの色や物の名前もネイティブの発音で英語が学べ、ゲームをしながら英単語が覚えられる学習機能も備えています。
前回作『でんしゃで10こ目』と同様、知育ゲームのジグソーパズル、じゃんけんメダルゲームやビーチボール落下ゲームなど、昔懐かしいゲームも楽しめます。

<「Junaio」ダウンロードURL>
App Store:
https://itunes.apple.com/jp/app/junaio/id337415615
Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.metaio.junaio


≪あらすじ≫
たまごのカップル、おたまちゃんとたまきちくんのある日のストーリーです。暑い夏の日、おたまちゃんとたまきちくんは海に行く約束をします。初めて二人で行く海のできごとを、ほのぼのとした可愛らしいキャラクターが、喜んだり、がっかりしたりといろいろな感情で読者を楽しませてくれます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング