認知症は母乳で予防?!記憶力に関与する成分を配合した“母乳”サプリ「ガングリオシド D.SMART」リニューアルキャンペーンを7月31日まで実施

@Press / 2015年6月23日 11時0分

サプリメント「ガングリオシド D.SMART」
北青山Dクリニック監修のサプリメントを製造・販売している株式会社アークワイズ(所在地:東京都港区、代表者:阿保 君枝)は、当社のロングセラー商品である、母乳に多く含まれている糖脂質の一種「ガングリオシド」を配合したサプリメント「ガングリオシド D.SMART」のリニューアルを記念して、7月31日(金)までキャンペーンを行います。キャンペーン期間中、関連商品を10%OFF~35%OFFで提供いたします。

「ガングリオシド D.SMART」URL: http://www.arkwise.co.jp/item/226/


■母乳に含まれる成分は記憶メカニズムに深く関与
乳幼児は、脳を驚異的な速さで成長させます。その秘密の一つが、母乳に含まれるガングリオシド。ガングリオシドはもともと人体の脳の神経細胞に存在する成分ですが、特に母乳に多く含まれていて乳幼児の脳機能や神経系形成に大きく関与しています。ガングリオシドは他の細胞との情報伝達や、記憶メカニズムと深い関係があり、損傷を受けた神経細胞を修復・再生するとの研究結果も出ています。
※資料参照 https://www.atpress.ne.jp/releases/64583/att_64583_1.pdf


■もの忘れの原因の一つ、ガングリオシドの減少を“母乳サプリ”で補う
年齢を重ねるにつれて、体内のガングリオシドは減少していきます。もの忘れが酷くなる原因の一つが、このガングリオシドの減少であると言われています。また誰でも40歳を過ぎると、毎日4万個~10万個の脳細胞が死滅していきますが、そのような損傷を受けた神経細胞を修復・再生する働きを期待させているのがガングリオシド。年齢と共に減少するガングリオシドを摂取することで、いつまでも自信を持って日々を過ごせます。


■こだわりの原料と製造設備
ガングリオシドには乳由来、動物の脳由来、植物由来といくつか種類がありますが、「ガングリオシド D.SMART」は、母乳に一番近いとされる乳由来を採用。2粒(460mg)あたり、ミルクから抽出したガングリオシド1.5mgが含まれています。
そのミルクはニュージーランドの健康な乳牛から搾られたもの。ニュージーランドは「地球の箱舟」と称される自然の恵みが豊穣な国で、周囲を広大な海洋に囲まれ、地理的に他の国々から孤立した島国であることが特徴です。他の食品生産国で発生している多くの害虫や病気とは無縁であり乳牛の食む牧草も化学薬品(農薬)等の汚染の心配は殆どありません。

また「ガングリオシド D.SMART」は、日本国内のGMP認定工場で厳しい品質管理のもと製造されています。原料にも製造する工場にもこだわりを持ち、北青山Dクリニックの医師も自ら摂取する高品質サプリメントとなっています。


■高品質かつ、お求め安い価格を実現
ガングリオシドは入手困難な原料であるため、ガングリオシドのサプリメントは、市場にあまり流通しておりません。また、その中でも1日あたり1.5mg摂取可能なガングリオシドのサプリメントは市場では1ヵ月あたり約1万円近い価格で提供されていますが、アークワイズのガングリオシド サプリメントは市場平均の約3分の2の価格に抑えることに成功しました。


■「ガングリオシド D.SMART」リニューアルキャンペーン概要
7月31日(金)まで、関連商品を10%OFF~35%OFFで提供いたします。
変更点は容器、内容量、ガングリオシド含有量の3点です。容器は箱からボトルに、内容量は30粒(1日1粒)から60粒(1日2粒)に、ガングリオシド含有量は1日1粒 1mgから1日2粒 1.5mgにリニューアルいたしました。

商品一覧: http://www.arkwise.co.jp/item/itemgenre/memory/
※キャンペーン適用外の商品もございます


■ガングリオシドのサプリメント開発背景
2015年1月の厚生労働省の発表によると、日本における65歳以上の認知症者数は2025年には700万人に上り、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算になります。この発表は国内に大きな衝撃を与え、連日認知症の特集などがテレビ雑誌問わず行われています。そして世界的にも認知症患者数増加への懸念が高まっており、2015年3月にはスイス・ジュネーブで「認知症に対する世界的アクションに関する第1回世界保健機関(WHO)大臣級会合」が開かれました。

国内認知症高齢者の現状のグラフ
https://www.atpress.ne.jp/releases/64583/img_64583_3.png

開業以来「予防医療」「アンチエイジング」を掲げて診療を行ってきた北青山Dクリニックでは、かねてより将来の病気の予防としてのサプリメントの摂取に可能性を見出しており、エビデンスに基づいたサプリメントの開発の監修を行ってきました。その中でも、ガングリオシドに大きな可能性を見出し、入手困難なガングリオシドを独自のルートで輸入し、高品質でも価格を押さえ、多くの方に継続してお召し上がりいただけるようにいたしました。


【サプリメント監修クリニック概要】
医院名: 北青山Dクリニック
住所 : 東京都渋谷区神宮前3-7-10 AKERA(アケラ)ビルB1
院長 : 阿保 義久
URL  : http://www.dsurgery.com/


【北青山Dクリニック 阿保 義久 院長プロフィール】
1965年、青森県生まれ。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部付属病院第一外科勤務。その後、虎ノ門病院で麻酔科として200例以上のメジャー手術の麻酔を担当。1994年より三楽病院で胃ガン、大腸ガン、乳ガン、腹部大動脈瘤など、消化器・血管外科医として必要な手術の全てを豊富に経験。1997年より東京大学医学部第一外科(腫瘍外科・血管外科)に戻り、大学病院の臨床・研究スタッフとして後輩達を指導。
2000年に「日帰り手術」「予防医療」「アンチエイジング」を掲げた北青山Dクリニックを設立。外科医としてのスキルを活かした日帰り手術他、質の高い医療サービスの提供に励んでいる。下肢静脈瘤の日帰り治療実績は26,000例に上る。


【会社概要】
名称 : 株式会社アークワイズ
代表者: 阿保 君枝
設立 : 2002年3月29日
所在地: 東京都港区北青山3-1-6-307
URL  : http://www.arkwise.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

乳牛とミルク 国内認知症高齢者の現状のグラフ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング