【雪印メグミルク】雪印メグミルクオリジナル「夏休み親子体験イベント~酪農から食卓まで~」を開催しました

@Press / 2015年9月3日 15時0分

「夏休み親子体験イベント~酪農から食卓まで~」
雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西尾 啓治)は、平成27年8月21日(金)と26日(水)の2日間にわたり、「夏休み親子体験イベント~酪農から食卓まで~」を開催し、一般公募による親子24名(小学3~6年生の男女12名と保護者)が参加しました。

本イベントは、酪農体験、工場見学、調理実習など、酪農現場から食卓までを一貫して学べる、酪農生産者を母体とした当社ならではの企業理念を体現した体験型食育イベントで、今回が初めての開催となります。

初日は、雪印メグミルクグループの「株式会社雪印こどもの国牧場(神奈川県横浜市)」で酪農体験を行いました。牧場スタッフによる酪農講話、乳搾り体験、聴診器を使っての牛の心音確認、えさやり体験、子牛への哺乳見学などを通じ、生き物の命を肌で感じ、食べ物への感謝の気持ちを学びました。酪農体験の後は、そこで製造されている特別牛乳『サングリーン』を使ってのバター作りにチャレンジし、ミルクの加工を体験しました。

2日目は、当社海老名工場(神奈川県海老名市)において、工場見学と調理実習を行いました。酪農家で搾られた生乳が、衛生的な環境のもと、どのように牛乳に加工されるのか工場見学を通じて学びました。牛乳を使った調理実習のあと、栄養士による牛乳の栄養に関する話も聞きました。

参加者からは、牛のお産についての質問や、調理実習では「みんなで作って、みんなで食べたらおいしい」などの感想もあり、命の恵みである牛乳が自分たちの体を作り、健康を支えてくれていることを学ぶことにより、食の大切さを知っていただけたことと思います。

雪印メグミルクでは、これからも食育活動を通じて酪農への理解促進および牛乳・乳製品の普及拡大に取り組みます。  


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング