低価格、高品質が売りの居酒屋チェーン養老乃瀧 養老乃瀧「新ファサード型店舗 100店舗達成」~老朽化店舗を順次 リニューアルオープン~

@Press / 2015年10月14日 12時0分

養老乃瀧 創業昭和十三年ロゴ
養老乃瀧株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:矢満田 敏之)は、より一層のブランディング強化を目的とし、老朽化した店舗の新ファサードへの移行を2012年より取り組んで参りました。2015年10月14日の養老乃瀧 六浦店(神奈川県横浜市金沢区)のリニューアルオープンを以って100店舗目の新ファサード型の店舗となります。

養老乃瀧は、創業から59年を迎え、全国に561店舗(2015年3月末現在)あるチェーン店へと成長して参りました。永年にわたる営業で、店舗の中には既に老朽化してきている店舗も出てきています。新ファサードプランは、その様な老朽化した店舗を新しく切り替え、看板・ロゴの変更、外観、店内の改装など、一新した「養老乃瀧」として、今までの常連の方から、養老乃瀧の利用経験がないお客様まで、幅広いお客様に愛される店舗となっていくことを目的としたプランです。

養老乃瀧では、引き続き行われていく新ファサード店舗への切り替えと共に、更なる事業拡大及び発展と、お客様に心から満足して頂ける質の高いサービスの提供を目指して参ります。

・養老乃瀧 創業昭和十三年ロゴ
https://www.atpress.ne.jp/releases/77381/img_77381_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/77381/img_77381_2.jpg


■養老乃瀧グループ 発展の秘密
◎居酒屋チェーンとしての『NO.1の歴史』
日本に数ある居酒屋チェーンの中でも昭和31年、横浜への出店以来59年目を迎えるNO.1の歴史を持っている。大衆食堂からスタートし、半世紀以上もの間にわたり、飲食を通じて「大衆食文化の発展」に貢献し、多くのお客様の食を支え続けてきました。

◎日本初!FC型経営スタイルを確立
飲食店FC経営のパイオニア。全国に展開する養老乃瀧ブランドののれんを掲げる561店舗中、FC店舗は、その8割以上にあたる477店を数える(2015年3月末現在)。社員に対する独立支援制度を整備することで、「起業する!」「独立する!」「自分の店を持つ!」という社員の声を応援。

◎老舗企業の最新鋭物流システム
配送センターは最新鋭物流システムDAS(デジタルアソートシステム)を完備。このシステムにより各店からの受注品を効率的かつ低コストで振り分けが可能となる。また、納品後の商品の在庫管理、賞味期限までも、各店舗とは別に本部でも一括管理が出来る。

◎定番オリジナル商品
『バクハイ』養老乃瀧オリジナルドリンク。サントリーウイスキーをサッポロ生ビールで割り、さっぱりとした飲み口が幅広い層のお客様に支持されている。


■養老乃瀧会社概要
会社名 : 養老乃瀧株式会社
所在地 : 東京都豊島区西池袋1-10-15
代表者 : 代表取締役社長 矢満田 敏之
事業内容: 「養老乃瀧」・「一の酉」・海鮮居酒屋「だんまや水産」・
      「一軒め酒場」の経営及びフランチャイズ事業
店舗数 : 北海道、東北圏、首都圏、中部圏、近畿圏、中国・四国圏、
      九州に561店舗(2015年3月末現在)
設立  : 1961年6月 ※創業は1938年。養老乃瀧としての出店は1956年。
資本金 : 5,154万円
売上高 : 255億3,500万円(2015年3月期グループ総体実績)
URL   : http://www.yoronotaki.co.jp/

Facebook公式ファンページ: http://www.facebook.com/yoronotaki.official
Twitter公式アカウント  : yoronotaki_com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

養老乃瀧 創業昭和十三年ロゴ2 養老乃瀧 鶴見西口店 養老乃瀧 錦糸町店

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング