「小倉焼うどん」を3,150皿並べて世界一長い容器のチェーンにチャレンジ!ギネス世界記録(R)に挑戦!

@Press / 2015年10月14日 18時0分

小倉焼うどん世界記録挑戦イベント実行委員会(実行委員長:甲山 博美)は、北九州市発祥の名物「焼うどん」を使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを開催します。
本挑戦は、小倉焼うどんを通じた北九州市のPRと市民のシビックプライド醸成を目的としており、麺が100グラム以上入った容器同士を繋げて並べ、その容器の数を競う『Longest line of bowls of noodles(ヌードルが入ったボウルを繋げた最も長い列)』のギネス世界記録の達成を目指します。

イベントホームページ: http://challenge-kokurayakiudon.com/


【ギネス世界記録 挑戦概要】
日時:10月18日(日)午前10時~
   ・挑戦開始 10:10~
   ・結果発表 13:00(予定)
会場:小倉城大手門広場 歴史の道特設会場


【挑戦するギネス世界記録】
『Longest line of bowls of noodles(ヌードルが入ったボウルを繋げた最も長い列)』
ルール:100グラム以上の麺が入った容器を隙間なく並べ、
    繋がっている容器の数を競う記録
目標 :3,150皿 ※現在の記録:3,000皿(2014年4月台湾)


【ギネス世界記録公式認定員による審査】
本挑戦では、ギネスワールドレコーズリミテッド(本社:英国ロンドン)より「ギネス世界記録公式認定員」を招へいし審査を受けます。イベント当日中に審査を行い、認定された場合は認定証の授賞式を開催いたします。(13:00頃を予定)


【「小倉焼うどん」について】
「焼うどん」は北九州の小倉が発祥地とされています。終戦直後、鳥町食道街の「だるま堂」店主が、干しうどんをゆがき焼いて出したところ大好評だったのが始まりと言われています。


※ギネス世界記録はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング