~栃木県民おなじみ「ステーキ宮」の味を「柿の種」で再現~宮のたれ × 柿の種 “宮の種” 10月中旬より販売開始!

@Press / 2015年10月13日 15時0分

宮の種
 株式会社コロワイドのグループ会社である株式会社アトム(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:小澤俊治)は、栃木県宇都宮の菓子問屋株式会社関口と、「ステーキ宮」の「宮のたれ」の製造販売会社である株式会社エムワイフーズ(株式会社アトム子会社)の共同発案により、栃木県民のソウルフードとしての「宮のたれ」とのコラボレーション企画第2弾として、“宮の種”を2015年10月中旬より、栃木県内の小売量販店他、「ステーキ宮」全店舗にて販売を開始いたします。
  “宮の種”は、ステーキを美味しく頂くために生まれた「宮のたれ」と「柿の種」を合わせたことで、「宮のたれ」に含まれているにんにく・醤油の香ばしさがプラスされ、元々おつまみにぴったりだったあられが、より一層ビールに合う味に仕上げました。
 また、コレボレーション企画第1弾として先行して販売している‘ポテトチップス 宮のたれ風’の販売も好調で、販売開始から約2年経った今でもステーキ宮店頭だけで月間3,500袋以上販売しております。今後も、本商品を通して「ステーキ宮」を知って頂くことで、お客様にご利用いただける機会の増加を目指します。

【柿の種×宮のたれ コラボ商品“宮の種”概要】
■内容量:50g
■売価:オープン価格
■販売開始:2015年10月中旬~
■販売場所:「ステーキ宮」全店舗の他、栃木県内の小売量販店を中心に、
      ホテル/観光施設、栃木県庁生協/宇都宮市役所生協、
      サービスエリアから順次拡大中。

<宮のたれとは>
 厳選した玉ねぎ、にんにく、酢、醤油を使用し、独自の製法で熟成した「宮のたれ」は、創業以来変わらぬ味を守り続けています。美味しくステーキをお楽しみ頂くために、シンプルでありながらも素材の味を生かした絶妙なブレンドで造られ、栃木ではおなじみステーキソースとなっています。

<ポテトチップス 宮のたれ風とは>
 栃木県民のソウルフードとしての「宮のたれ」とのコラボレーション企画第1弾として、2013年11月より販売を開始。「宮のたれ」ならではの醤油とニンニクの香りと香ばしい味わいが、軽い口当たりのチップスとマッチして、癖になる味わいとなっています。また、発売より累計で約36万袋と人気の御土産となっております。

【柿の種×宮のたれ コラボ商品“ポテトチップス 宮のたれ風”概要】
■内容量:Mサイズ65g、Sサイズ40g
■売価:オープン価格
■販売開始:2013年11月~
■販売場所:“宮の種”と同様

<栃木県民のソールフード「ステーキ宮」とは>
 「ステーキ宮」は、栃木県宇都宮で生まれた総業39年のブランドです。美味しいステーキをもっと多くの方に気軽に食べてもらいたい。当時はビフテキと呼ばれ、庶民にはまだ高嶺の花だったステーキを手頃な価格でご提供したいとの願いから、産声を上げました。以来、栃木県民に愛されながら、「ステーキ宮」は、関東、北陸、甲信越、東北、東海、関西、北海道など様々な地域に展開し、今後も多くの新規出店を目指しております。

<企業情報>  
■会社名: 株式会社アトム
■代表者: 代表取締役社長 小澤 俊治
■本社: 愛知県名古屋市中区錦2丁目2番2号 名古屋丸紅ビル15階
■事業内容東北:北関東・東海・北陸地区における直営・FC飲食チェーンの経営(カラオケ店含む)
■設立: 1972年1月(2009年3月26日株式会社ジクト吸収合併)
■資本金: 4,073百万円
■URL: http://www.atom-corp.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ポテトチップス 宮のたれ風

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング