“可視光通信”の最新研究成果発表・実例の展示会を慶應義塾大学日吉キャンパスにて10月25日・26日開催~欧米アジア各国から専門家が来日、国内外の企業・大学も参加~

@Press / 2015年10月20日 12時30分

一般社団法人可視光通信協会(所在地:神奈川県川崎市、代表理事:春山 真一郎)は、可視光通信の最新研究成果発表や国内外の企業・大学の使用例を展示する「可視光通信国際会議・展示会ICEVLC2015」を、2015年10月25日・26日の二日間、神奈川県横浜市の慶應義塾大学日吉キャンパスにて開催いたします。

一般社団法人可視光通信協会
(VLCA:Visible Light Communications Association)
http://VLCA.jp


■可視光通信について
可視光通信は、文字通り「目に見える光を使う通信」です。15年以上前から慶應義塾大学などが研究を始めていましたが、2014年ノーベル物理学賞の対象となった青色LED(発光ダイオード)の発明によりLED照明が広く使われるようになり、そのLEDで通信もやってしまう技術として最近大きな注目が集まっています。屋内では至るところにある照明器具などから、スマートフォンなどに対して電波を使うことなく様々な情報を提供できる使い方などが期待されています。


■本会議・展示会について
可視光通信技術について特化したものとしては世界初の規模の展示会を含む国際会議国際会議では、欧米アジア各国からの専門家を含めて最新の研究成果についての発表が行われます。展示会では国内外の企業・大学の可視光通信の実際の使用例が10以上デモされ、10月26日午前12時から入場無料かつ事前登録不要で應義塾大学日吉キャンパス来往舎で見ることができます。詳しくは http://VLCA.jp を参照ください。


【開催概要】
名称        :可視光通信国際会議・展示会ICEVLC2015
           (International Conference and Exhibition
            on Visible Light Communications 2015)
開催日時・場所   :2015年10月25日・26日
           神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
           慶應義塾大学日吉キャンパス
主催団体      :一般社団法人可視光通信協会
実行委員長     :中川 正雄 慶應義塾大学名誉教授
技術計画委員会委員長:春山 真一郎 慶應義塾大学教授

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング