福岡パンダタクシーが“動物園応援タクシー”を運行開始 「出発式」を2月5日(金)開催!90人の地元園児がお見送り ~丸みフォルムのご当地風ラッピングタクシーが福岡の街を“飛ぶ”~

@Press / 2016年1月21日 10時30分

ラッピングタクシー(側面)
福岡の格安タクシー『パンダタクシー』を運営するBLUE ZOO有限会社(福岡市中央区)は、創業10周年を記念して福岡市動物園支援のために寄付型ラッピングタクシーの運行を開始します。
1年間、福岡の街を「動物園応援タクシー・ジェットパンダ号」と命名されたパンダデザインのラッピングタクシー1台が走り、その売上の半分が福岡市動物園の支援に充てられます。

この寄付型タクシーの出発セレモニーを2016年2月5日(金)午前10時45分から福岡市動物園(正門付近)にて開催します。

セレモニーには、筑紫女学園大学短期大学附属幼稚園の年長園児 約90名をご招待して、出発のお見送りをしていただきます。又、当日出発式にご参加いただいた方全員に、パンダマスコットをプレゼント。
さらに、当日セレモニーをご観覧の方の中から抽選で1組様に、第1号乗車となるジェットパンダ号でご自宅までお送りします。(福岡県内限定。受付:2月5日(金)午前9時~10時30分 受付場所:福岡市動物園正面入口付近)

パンダタクシー 公式サイト http://pandataxi.com/
福岡市動物園 公式サイト http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/


■『動物園応援タクシー・ジェットパンダ号出発式』開催概要
パンダラッピングしたタクシー「動物園応援タクシージェットパンダ号」のお披露目及び出発セレモニー。

<チャリティ背景 ~代表コメント~>
「当社のタクシーサービスの名称が『パンダタクシー』ということで、動物の名前にあやかって、現在運営しております。この度当社は、おかげさまで10周年という節目を迎えることが出来ました。そこには“パンダ”というインパクトのある名称で、これまで沢山のお客様にパンダタクシーを覚えていただきました。そこで、お返しというわけではないのですが、感謝の意味を込めて、今回、同じ福岡市にある動物園にこのようなチャリティイベント企画をご相談しました。それがきっかけとなり、動物園より出発セレモニーを行うことになりました。また、わたくし青柳も個人的に動物園に寄付をしたこともきっかけとなっております。」

<ラッピングについて>
『可愛いパンダがマントを翻して、福岡の街を飛び回る。でも、ゆっくり安全運転でね♪』というイメージコンセプトのラッピングデザインです。
両側のドアに、福岡のランドマークタワーである福岡タワーや天神博多の街、都心に近くて便利な空港があることをイメージ出来るシルエットを施しました。
さらに、車体を少しでもパンダに見立ててもらえるように、フロントの角になる部分を丸いフェイスラインで描き、パンダの「丸み・可愛らしさ」を表現しました。
また、後部にマントを付けることで、車本体がマントを付けて飛んでいるかのようなイメージにしました。
最後に、可愛さだけでなく「真心や誠意」を持って運行し、福岡市動物園へ少しでも支援が出来るよう身を引き締めるという意味で、正面に蝶ネクタイを締めて、今回の想いの印としました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング