【雪印メグミルク】1日のデスクワーク平均時間「6時間以上」が過半数「リラックス」「集中」「はかどる」を求めて『ながら飲み』。一方で、「スマホ見ながら」「音楽聴きながら」は6割がNG。

@Press / 2016年3月7日 15時0分

~今どきの仕事スタイル調査~ 1日のデスクワーク平均時間「6時間以上」が過半数
雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西尾 啓治)は、新入社員を迎え、人事異動も多い新年度に際して、20代から50代の働く男女計800名(※)を対象に『今どきの仕事スタイル調査』を実施しました。

【調査サマリー】
●1日のデスクワーク6時間以上の人が56.7%、長時間のデスクワークが目立つ上、休憩を取らない人が2割!?特に非喫煙者は休憩をとらない傾向。
●デスクワーク中の「ながら行動」で、最も一般的なのが『ながら飲み』で、60.9%が毎日、76.2%が週1回以上と回答。 
●『ながら飲み』をよいと思う・許容すると回答した人が86.6%と、大半の人に許容されている一方で、「音楽聴きながら」「スマホ見ながら」は6割以上の人がNGと回答。
●『ながら飲み』をよいと思う理由は「リラックスできる」49.3%、「集中力が高まる」35.3%、「仕事がはかどる」32.7%
●『ながら飲み』で最もよく飲まれているのは、コーヒー系飲料で7割以上の人がデスクワークをしながら飲んでいる。
●ブラックコーヒーには「集中」「眠気防止」を求め、カフェラテ系には「リラックス」「空腹を満たす」「気分転換」がより求められている。

【調査概要】
方法:インターネット調査
エリア:全国
対象:20代から50代の1日1時間以上デスクワークをする男女合計800名(※)
実施期間:平成28年2月5日~8日
(※)表1-1のみ20代~50代の有職者(デスクワークが1日1時間未満の人を含む)1,087名を対象に調査


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング