1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

熊本から全国へ!本格温水床暖房『ECO-HR』普及開始~ 足元からの放射熱で空調電力の無駄を大幅に削減 ~

@Press / 2016年3月23日 10時30分

エアコンと温水床暖房の温度分布
リボンガス株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:内海 久俊)の温水床暖房FHS(Floor Heating System)事業部では、自社開発の本格温水床暖房『ECO-HR(エコホットリノベーション)』の全国普及を開始いたします。これによって、当社はエネルギーを創るのではなく、無駄を無くすことに取り組むネガワットパワーの普及を促進いたします。

URL: http://fhs-net.com/


■本格温水床暖房『ECO-HR(エコホットリノベーション)』について
太陽光や風力など、再生可能エネルギーを作り出すことは大切ですが、それ以前に電力の無駄を削減するシステムを普及させることが重要であると考えた当社は、一般住宅はもちろん公共施設等の天井近くや、吹き抜けの人が居ない空間を暖める空気暖房を、足元からの放射暖房に切り替えるシステムの開発に取り組んでいます。

下グラフは日本の消費電力を表すものですが、夏冬の電力需要を押し上げているのは明らかに「空調電力」です。本商品は、人の善意だけに頼って我慢するのではなく、使う人にも優しい暖房システムとして無理なく削減することに成功し、2013年に熊本県経営革新計画承認と、2014年に熊本市のものづくり大賞を受賞しました。

▽グラフ(ネガワットパワーで暖房用電力を削減しよう)
https://www.atpress.ne.jp/releases/95158/img_95158_2.jpg

『ECO-HR(エコホットリノベーション)』は、役所などの公共施設や店舗、オフィスなどを足元からの放射暖房により人の背丈近辺までを暖かくすることが可能です。暖気は天井へ、寒気は床面へ溜まるといった同室内で発生する温度のムラを防ぎ、理想の空調環境を実現します。
これにより一般住宅においては、石油ストーブや電気ストーブの火災やヒートショックによる事故を防ぎ、公共施設やオフィス等においては、足元が暖かく過度な室温上昇による喉元の乾燥を防いだエアコンの音もしない快適な空間で、健康増進にも役に立ちます。

また当社では床暖房の心地よい暖かさをいつでも体験していただけるように、体験型ショールーム「Rism(アールイズム)」を常設しています。


■商品概要
商品名  : ECO-HR(エコール:エコホットリノベーション)
価格(目安): 施工面積m2あたり30,000円~
URL    : http://fhs-net.com/public/


■会社概要
商号  : リボンガス株式会社
代表者 : 代表取締役 内海 久俊
所在地 : 〒861-5287 熊本県熊本市西区小島5-16-26
設立  : 1992年11月1日
事業内容: 温水床暖房FHS、住宅リフォーム・リフォームリノベーション、
      LPガス・ライフライン、住宅設備、
      企業サポート・コミュニケーション事業
リボンガス株式会社: http://www.ribongasu.jp/
温水床暖房FHS   : http://fhs-net.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ネガワットパワーで暖房用電力を削減しよう 体験型ショールーム「Rism(アールイズム)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング