米iCAT社、第3世代の64bit Realtime Audio Linux OS MsHD-Vegasを発表 ~音質と操作性に注力して開発された、オーディオ音質を実現した音楽ファンの為のComputer Audio OS~

@Press / 2016年3月30日 11時0分

MsHD-Vegas Desktop
株式会社DEE iCAT事業部(所在地:奈良県橿原市、代表取締役:前川 昌秀)は、米国iCAT Inc.(所在地:米国ラスベガス)が発表した第3世代の「Realtime Audio Linux OS MsHD-Vegas」を国内発表し、OEM出荷を開始するとともに、同OSを搭載したシステム製品「iCAT AVCシリーズ」およびマザーボードとOSをバンドルした「VEGASUSシリーズ」製品の国内販売予約を2016年4月5日に開始します。


使用イメージ1:MsHD-Vegas Desktop
https://www.atpress.ne.jp/releases/95860/img_95860_1.png

使用イメージ2:MsHD-Vegas 4K Video
https://www.atpress.ne.jp/releases/95860/img_95860_2.png

使用イメージ3:Vegas-Remote Desktop
https://www.atpress.ne.jp/releases/95860/img_95860_3.png


<Realtime Audio Linux OS MsHD-Vegasの概要>
●PCモード
コンピューター・オーディオ(PCオーディオ)に必要なすべての機能が、ドライバーレベルからアプリケーションに至るまで、iCAT社により一貫して実装および基本設定されており、すぐに使い始めることができます。
GUIはWindowsライクで直感的に操作可能で、Windowsと共通のアプリケーションのJRiver Media CenterやHQPlayerを搭載することにより、その操作もWindowsと同様でLinuxを全く意識することなく、誰にでも簡単かつ直感的に使用することができます。
また本機をAVラックに設置し、Windows PCやApple Macからのリモートデスクトップによる操作も可能です。

●ネットワークプレイヤーモード
オーディオ機器のネットワークプレイヤー同様、タブレットのブラウザーやアプリから、選曲・再生・ストップなどの全コントロールが可能です。選曲方法も内蔵のDLNA対応のNASへのアクセスと、完全なプレイヤーモードになります。HDDオーディオのように直接内蔵HDDにアクセスを行わない為、音質も向上します。

●音楽用NASモード
高音質NASとして動作します。dBpowerampでおなじみの英illustrate社の配信ソフトをチューニングして移植し、dBpowerampの持つ強力なTAG情報をベースにした選曲が可能です。
24bit アップサンプリングやフォーマット変換が可能で、再生機の性能に合わせた配信方法を選択できます。ハイレゾ、DSD22.4などに対応し、音源ソースを限定しません。
またネットワーク・オーディオ機器側がSMB3.0に対応している場合は、より高速なデーター転送モードを提供し、ネットワークプレイヤーからの応答性の良さも抜群です。

●iTunesサーバー機能も搭載しており、PCのiTunesファイルダーを本機に移すことでiTunesからの再生の音質も向上します。

●高音質、高精度リッピングやデジタルトランスポーターなど多彩な機能を提供します。

●インテル(R)ハイデフィニション・オーディオの性能を十二分に引き出す、ソフトウェア・ネットワークDACを新たに搭載しました。MsHD専用のHQPlayerから使用することが可能です。

●最新のRealtime Kernel 4.4.4およびKernel 4.5のセレクタブルKernelを採用し、好みのジャンルで音質と特性を変化させることが可能です。


<製品概要>
型名(JANコード):AVC E52L-4K(4562430950417)
         AVC E32L-4K(4562430950424)
         VEGASUS-Core(4562430950448)
予約開始日   :2016年4月5日
価格      :オープン価格


<主な特長:MsHD-Vegas>
●世界初の高音質DSD対応NAS用OSとして2013年2月に発表されたMsHD OSとは異なり、MsHD-Vegasは、次世代のネットワーク・オーディオ技術のAudio over IP、HDMI over IPなど、すべてのAV機器がLANケーブル1本で接続される近未来に対応すべく開発されました。
その為にKernel、デバイスドライバー、ネットワークサブシステム、グラフィックスサブシステム、アプリケーションサービスなどのミドルウェア、ユーザーインタフェースライブラリー、アプリケーションの各レーヤーをすべて見直しています。アプリケーションからKernelまで、音楽と映像に特化し、一貫した実装と設定、チューニングを施し、新たに開発されたオペレーションシステムです。
DLNAの定義による、DMS、DMR、DRC、DRPすべてのファンクションに対応し、どの局面においても対応することが可能です。

●イベント管理・タスクのスケジューリング、タスク間同期、オーディオ・ネットワーク、メモリのマネージメントなどを、OSのハイレゾ化と呼べるリアルタイム制御することで、システムレベルのジッターを軽減し、これまでのMsHD以上の音質と、ソフトウェアレンダラの強化により、描画速度の向上を実現しました。

●高音質オーディオNASとして、タブレットからの操作可能なネットワークプレイヤーモードに加え、PCオーディオモードを特に強化し、WindowsライクでユーザーフレンドリーなGUIを搭載することで、Windowsと同等の操作性を実現しました。

●新たに、Signalyst社のNetwork Audio Adapterを移植実装するとともに、ソフトウェア・ネットワークDACを搭載しました。
MsHD専用のHQPlayerからこの機能を用いることにより、再生音質をさらに向上することができます。DoPモードでPipeline SDMも指定することが可能です。

●JRiver Media Centerも一般的なALSA/PulseAudioでのオーディオデバイスへのアクセスを停止し、ダイレクトにサウンドデバイスにアクセスさせるよう仕様変更しました。これにより、PulseAudioを経由させて音声出力先を変更する利便性は落ちますが、音質を優先させました。
オープンソースベースのプレイヤーソフトは、従来通りALSA/PliseAudioを使用し再生します。

●PCオーディオに必要なアプリケーションを見直し、標準搭載しました。
オープンソースアプリケーションとして、CDリッピング(Audex)、CD/DVDライティング(Brasero)(ISO Master)、TAGエディター(EasyTAG)、iTunes互換(Rhythmbox)、DVD Player(MPlayer)、CD Player(VLC)、Media Player(Kodi)、その他ブラウザーやその他アプリケーションを標準搭載しました。


<主な特長:E52L-4K>
Intel Irisグラフィックス内蔵の第6世代CPUとDDR4のメモリを搭載し、新OSのソフトウェアレンダラの強化による、ソフトウェアとハードウェアのハイブリッド処理にて、高解像度映像をスムーズに描画することができます。
充分なハードウェア性能は、逆にクロックダウンによるCPU温度低下を得ることができ、室温20度時に、CPU温度を30度前後に保つことができます。CPUファンを有した状態でも優れた静音性を保ちます。このモデルはTDP15Wの省電力を実現しています。


<主な特長:E32L-4K>
コストパフォーマンスに優れたモデルです。NASモードではCPUクロックは550MHzで動作し、リソースとして20%前後、ネットワークプレイヤーモードではCPUクロック499MHzから876MHzで推移し、リソースは40%前後です。MP4-4K映像再生時はCPUクロック2300MHz、CPUリソースはコア平均80%前後で推移します。
E32とE52モデルの選択は、映像の再生が判断基準となります。TDPはE52同様の15Wで、バッテリー駆動(別途19Vバッテリーが必要)を可能とし、ACラインから完全に切り離すことができます。


<主な特長:VEGASUS-Core>
ASUS社のZ170 Mini-ITXマザーボードMAXIMUS VIII Impactは、ハードウェア的には素晴らしいオーディオ回路を構成しています。Windowでは、そのターゲット・ユーザー層に迫力のゲームサウンドを提供しています。しかし繊細な音楽用途にはいささか不向きです。
MsHD-Vegasをこのボードに搭載することにより、オーディオPC用ボードとしてのサウンドクオリティを提供することが可能になりました。
ボード単体(CPU、メモリーなし)とMsHDシステムSSD、有料ソフトウェアのライセンスのセットでの提供です。本製品は、株式会社DEEの直販での取り扱いのみとなります。


<HW仕様:E52L-4K、E32L-4K>
●E52L-4K/E32L-4K(共通)
TDP 15W、19VDC、429×45(58)×200mm、3.6Kg
Core i5-6260U Intel Iris Graphics 540
Core-i3-6100U Intel HD Graphics 520

●DDR4-SODIMM 4GB
SYSTEM:M.2 SSD 128GB
DATA HDD 1TB(Option 2TB HDD/SSD)

●Optical DVD
USB3.0×4、miniDP×1、HDMI×1、RCA Analog L/R、LAN 10/100/1000
Wi-Fi 802.11ac、Bluetooth4.1、ヘッドホンジャック 3.5ヘッドホンジャック


<AVCloudシリーズ情報>
http://www.icat-inc.com
https://www.facebook.com/iCAT.Inc/


<価格>
オープンプライス

●市場推定価格
E32L-4K   :¥305,000~(税別)
VEGASUS-Core:¥98,000(税別)

※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。


<株式会社逸品館様からのエンドースコメント>
株式会社逸品館は、この度株式会社DEEから、米iCAT社のMsHD-Vegasの販売開始に歓迎の意向を表明いたします。これまでの開発段階からの協業を通じ、安定度が高く、カスタマイズが可能なLinuxをチューニングして高品質の実現にチャレンジされて、早くも3年が経過しました。
株式会社逸品館は「音質チェック」を担当しましたが、MsHD-Vegasは初期のMsHDと比較して格段に透明感が高く、音質も細やかです。そして一番違うと感じられるのは「音楽の表情の豊かさ」です。MsHD-Vegasは、オーディオグレードの音質をPC、ネットワーク・オーディオの世界にもたらしました。株式会社逸品館は今後もiCAT社とピュアオーディオグレードの音質を実現したAIRBOWモデルの共同開発と販売で連携し、さらに発展したネットワーク・オーディオをお客様にお届けすべく一層注力してまいります。

株式会社逸品館
代表取締役社長 清原 裕介


<関連情報>
http://www.digital-ee.com/
http://www.icat-inc.com/
https://www.facebook.com/iCAT.Inc

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

MsHD-Vegas 4K Video Vegas-Remote Desktop

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング